スマートフォン用ページはこちら
りそな銀行ホーム お金を増やしたい NISA(少額投資非課税制度) 投資のキホン

投資のキホン

投資信託とは

特長

たくさんの方から集めたお金を一つにまとめて、ファンドマネージャーという資産運用の専門家等が、株式、債券などの有価証券等に分散して投資を行い、その運用の成果をお客さまに分配する金融商品です。

投資信託とは
「投資」+「信じて託す」 で投資信託
  • 投資家(お客さま)から集められたお金(資産)は販売会社を通じて、投資の専門家(運用会社)の指図のもと、信託銀行(受託会社)により株式や債券などが売買され、資産の保管・管理が行われます。
  • 投資信託は、これらの販売、運用、保管・管理の役割が分担されており、投資信託の資産と他の信託財産とを分けて管理する「資産の分別管理」が義務づけられているため、各金融機関が万一破綻しても投資信託の財産は守られます。但し、保全は「元本保証」という意味ではありません。そのため運用により損失が発生している場合にはその損失分までは保全されないという点に注意が必要です。

投資信託の主な特長

少額からはじめられます
複数の銘柄に分散投資します
専門家が銘柄を選んで運用します

投資のキホン~投資信託の分配金、費用について~

投資信託の分配金について

投資信託の値段を「基準価額」といいます。投資信託の運用の結果、基準価額が上昇する場合と、下落する場合があります。また運用結果によって配分される分配金(あらかじめ約束されたものではなく、支払われない場合もあります)には普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があります。
そのどちらになるかは、分配前基準価額と投資家毎の個別元本によって決定します。

投資信託の分配金について

投資信託の費用について

【投資信託の費用】

費用には、ご購入時にご負担いただく購入時手数料、ファンドの保有期間中にご負担いただく運用管理費用、換金時にご負担いただく信託財産留保額があります。

購入時手数料とは

購入時手数料とは、投資信託を購入する際に販売会社に支払う手数料のことです。 料率はファンドごとに規定されており、販売用資料などで確認できます。

信託報酬とは

運用管理費用とは、販売会社、委託会社、受託会社の行う運用・資産管理などの業務に対して支払う対価です。純資産総額に対する年率で表示されますが、別途支払うのではなく、ファンドからその保有期間中、日割り計算で日々、差引かれます。
運用管理費用が年率1.0%、基準価額が10,000円とすれば概算で約27円(=100万円×0.01÷365日)が日々差引かれる計算になります。 ただし、基準価額は日々変化しますので、100万円で購入しても評価金額は98万円になったり、102万円になったりします。そのためその時の時価を基準に計算されます。

投資のキホン~投資信託のリスクについて~

投資信託が有する主なリスクは以下のものがあります。
商品によりリスクは異なりますので、投資信託説明書(交付目論見書)および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。

株価変動リスク(株式に関するリスク)
為替変動リスク(為替に関するリスク)
金利変動リスク(債券に関するリスク)
信用リスク
流動性リスク
カントリーリスク
リートリスク(リートの価格変動リスク)
その他リスク

NISA口座の開設について

りそなの店頭・セブンデイズプラザに行けば
ぜーんぶ 解決!

じぶんでNISA

投資の基礎を
一からじぶんで習得するのは
なかなかハードルが高い…

店頭でNISA

経験豊富な専門のスタッフが
お客さまのプランに合わせて
トータルサポート!

コミュニケーションダイヤル

0120-24-3989受付時間:平日9時~21時

  • 自動音声に従い1#を押してください。
  • 年末年始、ゴールデンウィークにつきましては、受付時間が異なる場合があります。
  • NISAのご相談(サービスコード1#)の受付時間は平日9時~21時となります。
  • 取引・照会サービス(サービスコード2#)をご利用いただく場合は、発信者番号を通知してお掛けください。
  • 生年月日や電話番号等の他人に推測されやすい番号をキャッシュカードの暗証番号に登録されている場合、電話による取引をご利用いただけません。
  • 時間帯やお取引内容により、一部お取扱いができない場合がございます。
  • プッシュ回線またはプッシュ音の発信可能な電話機からご利用ください。