スマートフォン用ページはこちら

りそなマーケットフラッシュデイリー&ウィークリー

日々の国内外のマーケット情報に関するレポートです。
週初発行分には週間のマーケット情報も掲載しております。

お問合せは、現在のお取引店まで、お願いいたします。
店舗検索はこちら

過去掲載分

2020年7月8日号
大統領選年のドル円の値動き10-12月に本格化
2020年7月7日号
堅調な中国株がグローバルな株式市場を牽引するのは力不足
2020年7月6日号
感染再拡大への警戒が強まるなか、米中対立を警戒(週間情報も掲載)
2020年7月3日号
7月は米国の財政政策に注目
2020年7月2日号
FRBの関心はフォワードガイダンスの強化
2020年7月1日号
日本国債金利動向と日銀のスタンス
2020年6月30日号
米国感染動向:感染急拡大の米国全土への広がりがリスク
2020年6月29日号
新型コロナの感染再拡大により楽観ムードに陰り(週間情報も掲載)
2020年6月26日号
新型コロナ感染第2波の警戒とマーケット
2020年6月25日号
IMF世界経済見通しは再下方修正
2020年6月24日号
7月にかけてユーロ相場はEU復興基金の議論に注意
2020年6月23日号
豪ドル相場の注目点は中国との政治対立と豪中銀動向
2020年6月22日号
楽観ムードはいつまで続くか(週間情報も掲載)
2020年6月19日号
大統領選挙に向けた米国の内政と外交のポイント
2020年6月18日号
米大統領選を控えたインフラ投資の議論の注目点
2020年6月17日号
クレジット市況の改善がマーケット環境の安定に寄与
2020年6月16日号
NY地区の景況感が大幅に改善
2020年6月15日号
リスク資産の振れに注意(週間情報も掲載)
2020年6月12日号
財政金融政策のサポート効くもVIX指数上昇で振れは出やすい
2020年6月11日号
FRBは2022年まで実質ゼロ金利政策を継続見通し
2020年6月10日号
堅調なナスダック総合指数と継続するITサイクルの改善
2020年6月9日号
米景気後退局面入り、感染収束が早期底入れのカギ
2020年6月8日号
FOMCとリスク資産の急ピッチな上昇に注意(週間情報も掲載)
2020年6月5日号
ECB追加緩和、月末にかけて政治イベントがユーロの重石に
2020年6月4日号
実体経済の回復を相当程度織り込んだ株式市場
2020年6月3日号
足もとのリスクオフの巻き戻しがどの程度続くかがドル円一段高のカギ
2020年6月2日号
中央銀行の国債買入方針によって金利に動きが出やすい
2020年6月1日号
米中対立の先鋭化に注意(週間情報も掲載)
2020年5月29日号
第2次補正で31.9兆円の国債発行増も低金利・低インフレは続く
2020年5月28日号
香港デモ再燃、米国の中国に対する制裁措置に注目
2020年5月27日号
リスク資産は悪材料慣れも、依然楽観はできず
2020年5月26日号
緊急事態宣言全面解除
2020年5月25日号
新型コロナウイルスを巡る動向と米中対立に注目(週間情報も掲載)
2020年5月22日号
欧米PMIは急回復も米国の再雇用の動き進まず
2020年5月21日号
中国全人代は景気対策と米国との関係に注目
2020年5月20日号
先進国中銀のクレジット支援姿勢が鮮明
2020年5月19日号
独仏がEU復興基金設立で合意
2020年5月18日号
米中対立の行方と新興国での感染拡大動向に注目(週間情報も掲載)
2020年5月15日号
回復基調にある原油動向はクレジット市場の安定に重要

注意事項

  • 当資料に記載された情報は信頼に足る情報源から得たデータ等に基づいて作成しておりますが、その内容については明示されていると否とに拘わらず弊社がその正確性、確実性を保証するものではありません。また、ここに記載された内容が事前の連絡なしに変更されることもあります。
  • また、当資料は情報提供を目的としており、金融商品等の売買を勧誘するものではありません。取引時期などの最終決定はお客さまご自身の判断でなされるようお願い致します。