スマートフォン用ページはこちら

りそなマーケットフラッシュデイリー&ウィークリー

日々の国内外のマーケット情報に関するレポートです。
週初発行分には週間のマーケット情報も掲載しております。

お問合せは、現在のお取引店まで、お願いいたします。
店舗検索はこちら

過去掲載分

2020年6月4日号
実体経済の回復を相当程度織り込んだ株式市場
2020年6月3日号
足もとのリスクオフの巻き戻しがどの程度続くかがドル円一段高のカギ
2020年6月2日号
中央銀行の国債買入方針によって金利に動きが出やすい
2020年6月1日号
米中対立の先鋭化に注意(週間情報も掲載)
2020年5月29日号
第2次補正で31.9兆円の国債発行増も低金利・低インフレは続く
2020年5月28日号
香港デモ再燃、米国の中国に対する制裁措置に注目
2020年5月27日号
リスク資産は悪材料慣れも、依然楽観はできず
2020年5月26日号
緊急事態宣言全面解除
2020年5月25日号
新型コロナウイルスを巡る動向と米中対立に注目(週間情報も掲載)
2020年5月22日号
欧米PMIは急回復も米国の再雇用の動き進まず
2020年5月21日号
中国全人代は景気対策と米国との関係に注目
2020年5月20日号
先進国中銀のクレジット支援姿勢が鮮明
2020年5月19日号
独仏がEU復興基金設立で合意
2020年5月18日号
米中対立の行方と新興国での感染拡大動向に注目(週間情報も掲載)
2020年5月15日号
回復基調にある原油動向はクレジット市場の安定に重要
2020年5月14日号
米中対立が激化するなかVIX指数が高止まり
2020年5月13日号
FRBはマイナス金利に消極的も米金利は落ち着いた状況が継続
2020年5月12日号
米経済の順調な回復を織り込む米国株動向
2020年5月11日号
米中対立の再燃と欧米の感染拡大動向に注目(週間情報も掲載)
2020年5月8日号
感染再拡大の可能性と米中対立激化が今後のリスク
2020年5月7日号
GW期間のマーケットのポイント
2020年5月1日号
新薬とワクチンの開発状況と株価
2020年4月30日号
FRBは中期的なリスクをみつつ、現行の金融政策を適切と判断
2020年4月28日号
日銀は国債買入と企業の資金繰り支援の積極化で緩和強化
2020年4月27日号
日米欧中銀の政策と経済活動再開動向に注目(週間情報も掲載)
2020年4月24日号
新型コロナウイルスの新興国への広がりに留意
2020年4月23日号
北朝鮮リスクの整理
2020年4月22日号
米国企業決算を見極める時間帯
2020年4月21日号
NY原油マイナス圏入りも一時的な動き
2020年4月20日号
米国で経済活動再開に向けた期待感が持続するか(週間情報も掲載)
2020年4月17日号
国民一律10万円給付と金利
2020年4月16日号
米経済指標の大幅悪化も、FRBの政策効果が株価の下支え
2020年4月15日号
IMF世界経済見通しは2020年大幅下方修正
2020年4月14日号
マーケットの安定に重要な米国金利動向
2020年4月13日号
日本の緊急事態宣言の効果見極め(週間情報も掲載)
2020年4月10日号
FRBの更なる支援策はマーケットのボラティリティ抑制に寄与
2020年4月9日号
ユーロ相場はEU財務相会合のコロナ対策の協議動向を注目
2020年4月8日号
景気対策は株式市場へ一定の下支え、金利への影響は限定的
2020年4月7日号
緊急事態宣言と日本株式市場

注意事項

  • 当資料に記載された情報は信頼に足る情報源から得たデータ等に基づいて作成しておりますが、その内容については明示されていると否とに拘わらず弊社がその正確性、確実性を保証するものではありません。また、ここに記載された内容が事前の連絡なしに変更されることもあります。
  • また、当資料は情報提供を目的としており、金融商品等の売買を勧誘するものではありません。取引時期などの最終決定はお客さまご自身の判断でなされるようお願い致します。