スマートフォン用ページはこちら
ご利用中(予定)の銀行を選択してください

3大疾病保障特約付住宅ローン

りそな住宅ローンの3大疾病保障特約付の団体信用生命保険(団信)をご紹介いたします。

3大疾病保障特約付団信とは?

通常の団体信用生命保険(団信)の保障範囲は、死亡・高度障害状態のみになります。
3大疾病保障特約付団信は、金利上乗せ0.25%でご加入いただけ、がん・急性心筋梗塞・脳卒中と医師から診断された場合、住宅ローン残高が0円になる特約付きの団信です。

3大疾病保障特約付団信を動画で解説

がん・急性心筋梗塞・脳卒中になるリスク

  • 3大疾病リスクは
    加齢とともにリスクが増加します

    今後20年以内にがん※1
    急性心筋梗塞・脳卒中※2になる確率
    3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になるリスクは、加齢とともに増加
    • ※1上皮内がんは含みません。
    • ※2くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞の合計です。

    厚生労働省/「平成29年 患者調査」「平成29年 簡易生命表」をもとに算出

  • リスクは増加傾向にあるものの、医療の進歩により、
    死亡リスクは低下しています

    60歳未満の死亡者数
    加齢によって3大疾病になるリスクは増加するものの、医療の進歩によって60歳未満の死亡者数は減少傾向

    厚生労働省/「平成11年、17年、23年、25年、27年、29年人口動態調査」

一般団信の保障は、死亡・高度障害状態のみで、3大疾病は含まれていません。

リスク対策は、住宅ローンお借入れの時がチャンスです!

ちょっと待った!

リスク対策は本当にそれだけで十分ですか?
3大疾病特約付団信では、病気やケガによる所定の状態、要介護状態などは保障されていません。

要介護(要支援)認定者数の推移
要介護(要支援)認定者数は、19年前と比べ約3.1倍まで増加

要介護状態になっても、39歳以下の方は公的介護保険の給付対象になりません。また、40~64歳の方は交通事故が原因のときには給付対象になりません。

厚生労働省/「介護保険事業状況報告(暫定)」(2000年4月分、2019年8月分)

病気やケガ、要介護状態になった場合、一般的な団信や3大疾病特約付団信ではカバーできません…。

3大疾病特約付団信に、0.05の金利上乗せで保障が充実します!

人生最大の買い物なのに、”保障の数”だけで選んでいませんか?

医療のプロが選ぶ※1
こだわりの団信はこちら

  • がん

  • 心筋梗塞

  • 脳卒中

  • 死亡

  • 高度障害

  • 病気・ケガ
    による16の状態

  • 所定の
    要介護状態

  • ※12019年4月~10月の期間において、りそな銀行の「団信革命」ご利用者の業種で最も多いのが医療従事者です。(りそな銀行業種別データによる)
  • ※22019年4月~10月の期間において、りそな銀行で「団信革命」をご利用可能な方のうち実際にお申込みいただいた割合

(注)詳細は商品概要をご確認ください。

(登)C19E6196(2019.12.26)

住宅ローンお借入れのタイミングで一度、保険の見直しをご検討されてはいかがでしょうか?
団信革命は住宅ローンの契約時のみご加入が可能な商品です。ご契約後の加入はできませんので、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談はお気軽に!

ネットで団体信用生命保険申込み!!

  • ネットDe団信は事前審査完了後に発行されるユーザーID、パスワードをお持ちの方のみご利用いただけます。

よくあるご質問

対象商品
  • りそな住宅ローン
  • りそな借りかえローン
  • りそな住みかえローン
  • りそな建てかえローン
  • りそなリフォームローン
  • りそな諸費用ローン
  • りそな<すまい・るパッケージ(フラット35)>
  • りそな女性向け住宅ローン「凛next」
  • りそなフラットON

商品毎にお申込みの条件が異なりますので、詳しい内容は各商品の商品概要説明書をご覧ください。

ご利用いただける方
  • 上記商品を新規にお借入れになる方で、お借入時年齢満50歳未満、完済時年齢満75歳未満の方
  • 悪性新生物(がん)に罹患したことのない方
  • 告知内容によっては、保険会社がご加入をお断りすることがあります。
お借入金額

1億円以内

  • りそなリフォームローン・りそな諸費用ローンは500万円以内となります。
  • りそな<すまい・るパッケージ(フラット35)>は800万円以内となります。
  • お借入金額が5,000万円超の場合は、所定の診断書をご提出いただきます。
  • 諸費用ローンを他の対象商品と合わせてお申込みいただく場合は合計額が1億円以内となります。また、合計額が5,000万円超となる場合は所定の診断書をご提出いただきます。
お借入金利

上記対象商品の店頭金利+年0.25%

  • 「凛next」の場合は、店頭金利+年0.15%
  • 各種金利プランもあわせてご利用いただけますが、その場合も同金利を上乗せさせていただきます。
中途加入・解約について 既に当社住宅ローンをご利用の場合、ご返済の途中で団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)に切り換えることはできません。また、団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)をご利用されている場合に、ご返済の途中で3大疾病保障特約のみを解約することはできませんのでご注意ください。
付帯される保険の概要
  • 銀行が保険契約者となり、住宅ローンをご利用になるお客さまを被保険者とする生命保険*にご加入いただきます。
    • 団体信用生命保険(3大疾病保障特約付)
  • 保険料は保険契約者である銀行が保険会社に払込みます。
  • 保険会社から支払われた保険金・特約保険金は銀行が受取り、住宅ローン残高の返済に充当します。
  • 悪性新生物(がん)に罹患したことのある方は加入いただけません。

<死亡・高度障害の場合>

  • お借入日以降に死亡された場合、またはお借入日以降の傷害または疾病が原因で所定の高度障害状態に該当された場合に保険金が支払われます。

    【保険金が支払われない場合の例】

    1. 1.お借入日から1年以内の自殺
    2. 2.お借入日より前の傷害または疾病が原因で高度障害状態に該当した場合

<悪性新生物(がん)の場合>

  • お借入日から起算して90日を経過した日の翌日以降に悪性新生物(がん)に罹患したと医師に診断確定された場合に特約保険金が支払われます。ただし、上皮内がん、および皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは除きます。

    【特約保険金が支払われない場合の例】

    1. 1.お借入日より前に悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定されていた場合
    2. 2.お借入日から90日以内に悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定された場合
    3. 3.お借入日から90日を経過した日の翌日以降に悪性新生物(がん)に罹患したと医師に診断確定されたが、その悪性新生物(がん)が、お借入日から90日以内に診断確定された悪性新生物(がん)の再発・転移等と認められた場合

<急性心筋梗塞・脳卒中の場合>

  • お借入日以降に急性心筋梗塞または脳卒中を発病し、その疾病により以下の【1】、【2】いずれかの状態に 該当された場合に特約保険金が支払われます。

    1. 【1】.医師の診断を受けた日から60日以上所定の状態が継続したと診断された場合
    2. 【2】.治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき

    【特約保険金が支払われない場合の例】

    1. 1.急性心筋梗塞で医師の診断を受けた日から59日以内に労働制限が必要なくなった場合
    2. 2.脳卒中で医師の診断を受けた日から59日以内に後遺症がなくなった場合
    3. 3.急性心筋梗塞または脳卒中で医師の診断を受けた日から所定の状態が継続していたが、60日以上継続する前にこの特約の被保険者でなくなってしまった場合
  • 保障期間 :住宅ローンのお借入期間
  • 幹事保険会社:第一生命保険株式会社
ご留意事項 保険金の支払いには条件があります。生命保険のご加入にあたっては、「重要事項に関するご説明(契約概要・注意喚起情報)」を必ずお読みいただき、詳細をご確認ください。

■3大疾病保障特約付団体信用生命保険に関するお問合せ
 第一生命保険株式会社 団体保障事業部

  • ご加入・告知に関するお問合せは ・・・0120-005-328
  • お支払・お支払事由に関するお問合せは ・・・0120-709-471
  • 受付専用フリーダイヤル
    受付時間9:00 ~ 17:00(土・日・祝日・年末年始除く)

(登)C19E6195(2019.12.26)

  • ローンのお申込みにあたりましては、当社および保証会社の審査があります。審査の結果によりましては、ご希望にそえない場合がありますので、ご了承ください。

ご検討中の方は
まずはお気軽にご相談ください

土・日・祝日や17時以降も営業

相談できる店舗を探す

ご検討中の物件がある場合、必要書類及び認印をお持ちいただくとその場で事前審査の受付が可能です。
※審査結果は後日のご連絡となります

さまざまなリスクへの対策、ご検討はもうお済みですか?

住宅購入は人生の中でも大きなライフイベントです。ライフスタイルも大きく変わる中で、自身によりマッチした保障でご自身の健康や住宅という「資産」を守らなければいけません。そこでりそな銀行から人気の2つの保障をご提案します。

住宅ローンについてのご質問は
チャットボットでラクラク!

close
AIチャット