スマートフォン用ページはこちら
怪我や病気で働けなくなった…
Q
住宅ローンを利用する時に、知っておいたほうがいいことはありますか?
(30代女性)
山口京子さん

山口京子 プロフィール

ファイナンシャルプランナー。テレビ、ラジオに多数出演。
新婚当初年収200万円台、その後、東京で戸建てを購入。
2年で住宅ローン完済費用を貯める!著書「お金持ち名古屋人八つの習慣」他。

A住宅ローンは、どれも同じと思いがちですが、金利以外にも知っておくとお得なポイントがいくつかあります。まず、マイホームを買う時に覚えておきたい、イロハの「イ」から順番にお話します。

住宅ローンで優遇されるサービスの例

銀行にとって住宅ローンの借り入れがあるお客さまは、長いお付き合いになる大事なお客さまです。いろいろな優遇サービスが受けられるチャンスがありますから、自分が受けられるサービスについて知っておきましょう。

一見ハードルが高そうに見える、コンビニATMの利用手数料や銀行振込手数料も、住宅ローンがあれば、無料またはキャッシュバックが受けられるものがあります(※1)。その他給与振込口座指定や、積立定期、外貨預金や個人向け国債を利用することでも受けられる可能性大です!

利用する銀行をひとつにまとめて、クレジットカードやVisaデビットカードの決済など日常使いすることで、さらに優遇のチャンスが!ポイントサービスがある銀行なら、住宅ローンがあれば優遇される可能性も高くなり、ポイントがサクサク貯まるのでお買い物に使える他社の人気のポイントや航空会社のマイルにあっという間に交換できます。

また、もし住宅ローン返済期間中にマイカー購入、子どもの進学などのライフイベントで、急にまとまったお金が必要になったら、ローンを組むと金利を優遇してくれるので覚えておきたいですね。

これらのサービスは、銀行によってまちまちです。是非、じっくり比べてみましょう

火災保険料やリフォーム費用、今流行りの日照補償も優遇されます

銀行はマイホームを買う時のお金を貸してくれるだけでなく、他にも大事なお客さまのためにいろいろなサービスを用意しています。

例えば、最近多い太陽光発電の設備があるお家であれば、「最初の3年間は、お日さまが出ている時間が基準日照時間よりも少なかったら、補償金をお支払いします」と、住宅ローンに日照補償を無料で付けてくれることもあります。

住宅ローンの契約には、火災保険の加入が必要ですが、銀行と提携している保険なら最大20%オフになることも!火災保険はまとまったお金が必要になるので、これは助かりますね。

火災保険は、お家が火事になった時だけではなく、盗難にあった時、床上浸水してしまった時、エアコンや床下暖房が故障した時まで補償する手厚い火災保険もあります。どの補償が我が家には必要なのか、過不足なく加入するにはやはり相談できる人がいるといいですね。銀行では損害保険の資格を持った社員さんもいますので、気軽に相談してみましょう。

お家を買う時だけでなく、リフォームが必要になった時も銀行に相談です。他の銀行で借りている住宅ローンと「リフォーム費用」を合わせて、「新たな住宅ローン」として住宅ローンの金利で借りられるサービスもあります。住宅ローンの金利は各種ローンの中でも特に低く設定されていることと、同一の金融機関で借りることでお金の管理がしやすいというメリットを併せ持っています。

国からの税金控除もお忘れなく!覚えておきたい住宅ローン控除

住宅ローンでマイホームのお金を借りると、優遇してくれるのは銀行だけではありません。国も税金を優遇してくれます。通称「住宅ローン控除」と呼ばれる「住宅借入金等特別控除」は、毎年住宅ローン残高の1%を10年間、所得税、住民税からダイレクトで引いてくれるうれしい制度(2016年1月31日現在)です。

低金利で住宅ローンが借りられて10年間住宅ローン控除があるなら、せっせと繰り上げ返済するよりも、お金を貯めておいて10年後にまとめて繰り上げ返済をした方がお得というケースもあります。

また、2014年に消費税が8%に増税されたのをきっかけに、マイホームを買う人の負担を減らすために、収入額の目安が510万円以下なら、最高30万円の現金が給付される「すまい給付金」という制度も出来ました(※2)。

最終的にどの借り方、返済方法がお得か?は総合的な判断が必要

どんな借り方や繰上返済の方法が我が家にとってお得かを知るには、収入や借入額、家族の働き方、ローンの種類、金利、借りるときの税制などをふまえ総合的に判断する必要があります。銀行の窓口では、ローン返済のシミュレーションをしてもらえますので、相談してみましょう。

※1 給与振込口座、積立定期預金、住宅ローン3000万円、個人向け国債30万円、りそなクレジットカードかVisaデビットカードでの買い物で、コンビニATM利用手数料月3回キャッシュバック、他行への振込手数料月3回無料。

※2 2015年時点の制度。住宅ローン控除を受けるには、年収3000万円以下、床面積50㎡以上など一定の条件を満たす必要があります。すまい給付金には年収の制限があります。

2016年1月31日現在

いろんな商品・サービスがあるんですね!

テーマに関連した商品・サービス

りそな住宅ローン専用火災保険

「りそな住宅ローン(※)」ご利用のお客さま向けの火災保険をご用意

(※「りそな住宅ローン『フラット35』(機構買取型)」をご利用のお客さまもご利用いただけます。)

りそな住宅ローン<リフォーム資金セット型>

中古住宅購入資金とリフォーム資金をまとめて1本の住宅ローンでご利用いただけます。

日照補償付住宅ローン「晴れたらいいね」

太陽光発電システム・設備を設置する住宅の購入・建設をされる方に、日照補償(3年間)
を無料でご提供する住宅ローンです。

マイカーローン、教育ローン、リフォームローンを借入れる際の「住宅ローンご利用者プラン」の利用

マイカーローン、教育ローン、リフォームローンを借入れるときに、住宅ローンを借りていると、
通常よりお得な金利でお借入れが可能です。

りそなクラブポイント

銀行でのいつものお取引きで、暮らしに役立つポイントがどんどんたまり、お取引内容に
応じてさまざまな優遇をうけることもできます。たまったポイントは、お買物、旅行から電子マネーまで
お好きなパートナー企業のポイント等と交換して使えます。

vol.1 初めての住宅ローン 住宅ローンを検討するときに見るべきポイントを教えてください。

vol.2 頭金なしで家を買うことができますか 貯金が少なく、頭金がないのですがマイホームを買うことができますか。

vol.3 変動金利と10年固定金利どっちがお得? 変動金利と10年固定金利がありますが、違いを教えてください。

vol.4 怪我や病気で働けなくなった… 主人がガンなどの病気になった時の支払について教えてください。

vol.5 かしこい住宅ローンの方法 住宅ローン控除とは?かしこい住宅ローンの取り込み方など知りたいです。

vol.6 住宅ローンの乗り換えについて 住宅ローンの乗り換えを検討しています。選ぶ基準を教えてください。

りそにゃの壁紙
プレゼント!
詳細はこちら

住宅ローンについてのご質問は
チャットボットでラクラク!

close
AIチャット