リボ払いとは?その仕組みとカードローンとの違い、借換えの注意点を解説

クレジットカードで買い物をする際に、選ぶことができるリボ払い。名前を聞いたことはあるものの「使い方がよくわからない…」という方もいらっしゃるようです。

リボ払いはその仕組みを知り、上手に使えば便利な支払い方法です。ただし、デメリットもあります。カードローンの借換えでお得になるケースがあることも知っておくといいでしょう。

そこで今回はリボ払いの仕組みやカードローンとの違い、リボ払いからカードローンに借換えする際のメリット、注意点を解説します。

  • Line
  • このページのURLをコピーする

リボ払いとは?概要と仕組みを紹介

まずはリボ払いの概要と仕組みを紹介します。クレジットカードの3通りの支払方法とともに確認していきましょう。

リボ払いとは?

定額方式

クレジットカードの支払方法のひとつとして耳にすることも多いリボ払いは、「リボルビング払い」の略称です。クレジットカードで利用されることの多い3つの支払方法のひとつで、「リボ払い」のほかに「一括払い(マンスリークリア)」「分割払い」があります。

一括払い(マンスリークリア)は、買い物代金が一括で口座から引落とされる支払い方法です。分割払いは、利用の都度、返済回数を指定する方法です。分割払いの場合、利用金額と支払期間に応じた分割手数料がかかります。

リボ払いは毎月一定額を返済する「定額方式」と、支払残高の大きさに応じて毎月の返済額が段階的に増減する「残高スライド定額方式」もあります(どちらの方式が採用されているかはクレジットカードによって異なります)。

「定額方式」であれば、支払い残高にかかわらず毎月の支払額が変わらないため、出費する額の予測が立てやすいというメリットがあります。

なお、カードローンの返済方法の仕組みは、リボ払いと同じ方式のものが多いことも合わせて覚えておきましょう。

リボ払いの詳細はこちら

リボ払いは怖い?メリット・デメリットを紹介

リボ払いは「返済がなかなか終わらない」と恐れる方もいますが、本当に敬遠するべきものなのでしょうか。以下からはリボ払いのメリットとデメリットを解説します。なお、解説は2種類ある支払い方式のうち「定額方式」である場合を前提としています。

リボ払いのメリット

返済負荷を抑えられる

リボ払いは定額方式であれば、(借入残高により決められている)毎月一定の金額を返済していきます。家計の管理がしやすくなるのが大きなメリットです。

リボ払いのデメリット

手数料が高い

リボ払いのデメリットは、手数料が高いことです。毎月の支払額のなかには元金返済分と手数料(利息)分が含まれています。手数料の金額は、支払残高に実質年率と返済日数(前回返済期から今回返済期までの経過日数)を掛けて計算されます。

実質年率は、クレジットカードによっても異なります。大手クレジットカード会社のリボ手数料率は、相場は15%前後のものが多いようです。例えば、支払残高が10万円で実質年率が15%、前月から当月までの経過日数が30日だとした場合、手数料は次のように計算されます。

→10万円×15%×30日÷365日=1,232円(円未満切り捨て)

仮に毎月決められた返済額が5,000円だとすると、元金返済分は3,768円(5,000円-1,232円)です。手数料分を除いた部分しか元金返済に充てられないため、支払残高が減りにくくなります。

返済期間が長期化する可能性がある

返済期間長期化の可能性がある点もデメリットです。リボ払いは、毎月の支払額が少額になる分、支払いが長期化しがちです。また、ひとつ目のデメリットで解説したように、毎月の返済額のなかには高い手数料が含まれているため、元金の返済額はさらに少額になります。

結果的に返済回数が増え、多額の手数料を支払うケースもあります。しっかりと支払残高を把握し、慎重に返済計画を立てて利用することが重要です。

リボ払いとカードローンの違い。お得なのはどっち?

リボ払いと比較されることが多いのが、カードローンです。リボ払いとカードローンの違いを確認しておきましょう。

クレジットカードの「リボ払い」とカードローンの違い

クレジットカードのリボ払い(定額方式)とカードローンは、どちらも同じ仕組みの返済方式です。支払残高がなくなるまで、毎月一定額を返済します。

クレジットカードは、カード加盟店でのみ使用できます(リボ払いはその支払方法のひとつ)。

一方、カードローンは、ローンカードを使ってATMから現金を引出す仕組みです。銀行などから直接お金を借入れますのでカードで買い物はできませんが、加盟店でなくても引出した現金を使えます。

リボ払いVSカードローン、お得なのはどっち?

利用目的が異なるため、どちらがお得か一概にはいえません。しかし、リボ払いの手数料とカードローンの金利を比べることで額面上どちらがお得かは判断できます。2つを比較検討し、カードローンのほうがお得な場合にはカードローンに借換えるなど、上手に使うことが重要です。

以下より、リボ払いからカードローンへ借換えるメリットを紹介します。

クレジットカードの「リボ払い」からカードローンへ借換えるメリット

クレジットカードの「リボ払い」からカードローンに借換えることで、どのようなメリットがあるか見ていきましょう。

金利がリボ払いより低い場合、最終的な支払額が下がる

クレジットカードのリボ払いの手数料率(金利に相当する)に比べて、カードローンの金利のほうが低い傾向にあります。リボ払いの手数料率はクレジットカードによって異なりますが、15%前後で設定されていることが多いです。

カードローンの金利は取扱い会社によってさまざまです。例えばりそな銀行のカードローンの場合、ご利用限度額よって金利が変わるものの、年3.5~13.5%です(9月30日申込み分までは年13.5%⇒年10.0%で契約可能)。一般的なリボ払いの手数料率よりも低く設定されています。

なお、月々の返済額や返済期間によっても利息総額は変動します。基本的には、利用額が同じであれば金利が低いほうが利息額は少なくなります。カードローンで借入れしたお金でリボ払いの支払残高分を精算し、以後はより金利の低いカードローンを返済していくことで、最終的な支払額を減らすことも可能です。

クレジットカードの「リボ払い」からカードローンへ借換える場合の注意点

ここからは実際に借換える際の注意点を見ていきましょう。

借換えた方がお得になるかをよく検討する

借換えでお得になるのは、リボ払いの手数料(金利)がカードローンの金利よりも高い場合です。リボ払いの手数料(金利)と借換えを検討しているカードローンの金利を確認してみましょう。借換えることで金利が下がるのであれば、借換えを検討してもいいでしょう。

借換えるカードローンの返済額を確認する

リボ払いの時に比べて金利が低く、毎月の返済額が同程度のカードローンであれば借換えの効果はあります。しかし、カードローンの月々の返済額が小さすぎると返済期間が長くなり、結果的に完済までの総額が大きくなる場合もあるでしょう。カードローンの残高に応じた月々の返済額は、通常、カードローン取扱い会社のホームページなどに記載されています。確認するようにしてください。

そもそもカードローン借換えの審査は大丈夫か

カードローンの新規申込み時には、審査が行われます。審査に通過しないとカードローンは利用できません。カードローンの審査は、借換え後に申込者がクレジットカードを解約するか、借りたお金でリボ払いを清算するかを見込んで行われるわけではありません。

ローン審査の際には現在利用しているクレジットカードの利用枠に加え、新たにカードローンを作った場合の合算借入れ額を想定し、返済能力の審査が行われます。合算した利用枠が大きくなり、多重債務や返済能力オーバーと判断されることもあるので注意が必要です。

リボ払いの返済に際しては「延滞なく正常に行っているか」「他に複数の借入れがないか」などもチェックされます。日ごろから堅実にカードを使用していない場合は、借換えが難しくなる可能性があることも頭に入れておきましょう。

まとめ

クレジットカードの支払方法のひとつである、リボ払い。定額方式は、毎月定額を返済する方法であり、家計の支出管理が行いやすいメリットがあります。

ただ、追加で買い物をしても毎月の返済額が一定であれば、返済期間が長期化してしまいます。また、手数料(金利)は15%前後と高い傾向です。

もし「月々のリボ払いの返済が大変」「金利を少しでも下げたい」と考えている方は、カードローンへの変更を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

りそな銀行のカードローン金利は、利用限度額によって年3.5~13.5%とリボ払いの一般的な手数料率に比べて低く設定されています。また、住宅ローン、または給与振込でりそな銀行をご利用の方は、年0.5%金利が割引になる特典も用意されています。加えて、2020年9月30日お申込み分までは、年13.5%に替えて年10.0%の優遇金利が適用されるライフサポートプランのお申込みが可能です。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

りそな銀行のカードローンはこちら

本記事は2020年7月時点の情報に基づいて 執筆者(ファイナンシャルプランナー)独自の調査によって作成しております。 将来の相場や市場環境、制度の改正などを保証する情報ではありません。

續 恵美子(つづき・えみこ)
プロフィール目次に戻る
保有資格:
日本FP協会認定CFP(R)

生命保険会社にて15年勤務したあと、ファイナンシャルプランナーとしての独立を目指して退職。その後、縁があり南フランスに移住。夢と仕事とお金の良好な関係を保つことの厳しさを自ら体験。生きるうえで大切な夢とお金について伝えることをミッションとして、マネー記事の執筆や家計相談などで活動中。

原則来店不要!

りそなのカードローンを
Web完結でお申込み!

必要書類もWeb送付できるので
24時間365日Web完結

必要書類の撮影イメージ

収入と支出のバランスを考えて計画的にご利用ください。借り過ぎにご注意ください。

  • Line
  • このページのURLをコピーする