カードローンの借換えとは?メリット・デメリットから審査の難易度までくわしく解説

カードローンを利用している方のなかには、毎月の返済を負担に感じている方もいるのではないでしょうか。

負担を軽くする方法のひとつに、「金利の低いカードローンへの借換え」があります。
しかし、借換え時にはあらためて審査を受けなければなりません。また、カードローンは借入残高に応じて毎月の返済額が決まっていることが多いので、借換えで金利が低くなって返済総額は抑えられても、毎月の返済額はあまり軽減しないこともあります。

今回は、カードローン借換えのメリット・デメリット、審査の難易度や借換えの選択肢などを紹介します。

カードローンの借換えとは?

カードローンの借換え

カードローンの借換えとは、新たにカードローンを契約し、その借りたお金で現在契約中のカードローンを清算することです。住宅ローンも、さらに低い金利のローンに組み替えるために、借換えをおこなうことがあります。複数のローンを一本化して返済負担を減らす「おまとめローン」も、借換え手法のひとつです。

借換えをする際、「より低い金利のものを選ぶ」ことや「利用限度額を増額する」ことができます。借換えする主な方法は「現在契約中のカードローン取扱会社で借換える」「他社のカードローンを新たに契約する」の2通りです。
但し、カードローンは借入残高に応じて毎月の返済額が決まっているので、借り換えで返済総額は圧縮できても、毎月の返済額は変わらない、変わっても減額効果は少ない、ことも考えられます。

カードローンの借換えのメリット・デメリット

カードローンの借換えは、メリットだけでなくデメリットも理解したうえで検討しましょう。

カードローンの借換えのメリット

カードローンを借換えるメリットは主に次の2つです。

金利を下げられる

カードローンは、銀行や消費者金融会社、クレジットカード会社など、取扱会社によって金利設定が異なります。現在利用中のカードローンより低い金利のカードローンに組み替えることで、利息額が少なくなり返済総額は軽減が期待できます。
但し、毎月の返済額は借入残高に応じて決まっていることが多いので、借換えてもあまり変わりません。
元利均等払いであれば金利が低くなった分の利息部分の返済額は減額効果があるかもしれません。

利用限度額を増やせる

現在利用中のカードローンより大きい利用限度額で契約すれば、利用可能枠の増枠が期待できます。

※審査内容によっては希望通りにならないこともあります。また、枠が増えて返済負担が重くならないよう、計画的に利用することが大切です。

カードローンの借換えのデメリット

カードローンのデメリットも理解しておきましょう。主に2つのデメリットが挙げられます。

新たにカードローンを作るための審査が必要

借換えの際は新たなカードローンへ申込みをすることになるので、初めてカードローンを申込むときと同じように審査が発生します。審査は、勤務先や年収などの属性情報、過去の返済での延滞がないかなどの信用情報を総合的に見て判断するのが一般的です。

審査はカードローンを取扱う金融機関ごとに独自の基準が設けられているので、審査に通るかどうかは各社の判断次第になります。もちろん、審査に通らなければ借換えはできません。借換えを申込む前に、過去の返済履歴をチェックしておきましょう。

※同じカードローン取扱会社で限度額がさらに大きなカードローンに借換える場合、今までの利用実績が審査の際に有利に働く可能性があります。

利用方法、返済方法が、借換え先で異なる場合がある

金利設定が金融機関によって異なるように、借入方法や返済方法も異なるケースがあります。
例えば、利息を計算するときの基準日や毎月の返済期日(振替日)、残高に応じて設定される月返済額などは、カードローン取扱会社がそれぞれ設定していることが多いです。
「借換え先はどのように設定しているか」確認しておきましょう。

カードローン取扱会社によって返済額の設定単位が異なります。残高が同じでも借入れする会社が変われば毎月の返済額も変わります。

借換え前の残高と同じ金額で借入れをして金利が低くなる場合でも、毎月の返済額が増える可能性があるのです。
また、毎月の返済額が少なくなる場合でも、返済し終わるまでの期間が長くなるケースもあるでしょう。

カードローンの借換えをするべき方は?
借換えをするべきではない方は?

借換えをするのであれば、メリットが多いカードローンを選びたいもの。借換えのメリットとデメリットを踏まえたうえで、「本当に借換えをするべきかどうか」確認することも大切です。

借換えするべき方

次に当てはまる方は、カードローンの借換えをおすすめします。

現在契約中のカードローンの金利、利息額が他社より高いと感じている方

契約中のカードローンの金利は、途中で変更ができません。契約しているカードローンの金利よりも低い金利の商品を利用できそうな場合は、借換えが有効です。

現在契約中のカードローンの利便性に不満を感じている方

追加借入れ(現金引出しなど)や返済のしやすさなど、カードローンの特徴は取扱会社によって異なります。「提携ATMが少なく、こまめに返済したいのにできない」「手数料がかかる」そんな不満を抱えている方にも借換えがおすすめです。

現在契約中のカードローンの利用限度額が少ないと感じている方

限度額に余裕があるカードローンを契約しておけば、万が一の際も慌てて借入れの申込みをしなくて済みます。「限度額を増額しておきたい」方も検討してみましょう。

借換えするべきではない方

次に、借換えするべきではない方について説明します。当てはまる方は申込みの前に再検討しましょう。

長期での返済を見込んでいるのに、特典のために借換えを検討している方

カードローン取扱会社は、独自のキャンペーンや特典を実施することがあります(例:新規契約の顧客を対象に『30日の無利息期間サービス』)。

このケースでは、借入れしてから30日間以内の返済であれば利息がかかりません。しかし、その期間を過ぎると利息が発生します。長期での返済を見込んでいる方は、特典目当ての借換えはおすすめできません。

過去5年以内に延滞、自己破産している方

ローンやクレジットカードを利用すると、借入れや返済状況などの履歴が信用情報機関に記録されます。信用情報機関によって異なりますが、信用情報は、契約終了から5年間登録されるケースが一般的です。

ローンの審査では、信用情報を必ずチェックします。「過去5年以内に延滞した経験がある」「自己破産をしている」といった方は、借換え先の審査に通らない可能性が高くなります。

カードローンの借換え審査は厳しいのか?

ここからは、借換え時の審査について説明します。

カードローンの借換え審査は厳しい、とはいい切れない

「借換えの場合、審査が厳しくなるのではないか」と考える方も多いでしょう。審査基準はカードローン取扱会社により異なりますが、初めての申込みよりも厳しいチェックとなるかは金融機関次第です。いずれにしろ「借入先が定めた基準をクリアしているかどうか」によって判断されます。

なかには、「審査が通りやすくなる方法を知りたい」という方もいらっしゃると思います。審査に通りやすくする方法も見ていきましょう。

一度に複数のカードローンの申込みをしない

国内の信用情報機関は、「CIC」「JICC」「KSC」の3つです。各カードローン取扱会社によって、加盟している情報信用機関は異なりますが、CRINという相互交流ネットワークを通じて自社が加盟していない信用情報機関の登録情報でも一部確認できるようになっています。

カードローンの申込記録が残るのは、6ヵ月間です。延滞などがないとしても、複数社へのカードローン申込履歴があることは、審査上あまり印象が良いものではなく、注意喚起して扱われる可能性もあります。

複数社に申込みをしたことにより、審査に通らないわけではありません。しかし、審査通過率を上げるためには、申込みを1社に絞ることが賢明です。再度申込みが必要な場合は、前回の申込みから6ヵ月以上経過してから行うのがよいでしょう。

借換え専用の適用金利がある会社を選ぶ

借換え専用の適用金利を設定しているカードローンであれば、借換えへの理解が高いと判断できます(借換え申込時には、現在契約中のローン残高があることから、返済能力を心配される場合があります。)。

延滞しない

毎月延滞せずに、定められた支払い日に返済することは、信用上、大切なことです。
審査を通りやすくするには、約束を守れるか、守ってきたかが重要になります。

最低でも勤続3ヵ月以上(できれば1年以上)経ってから申込みをする

勤続年数が短いと収入の安定度を懸念される可能性があります。できれば1年以上、最低でも3ヵ月以上経過してから申込みをするようにしましょう。

審査より問題になるのは「総量規制」 ※銀行カードローンは対象外

総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付けをしてはならない」という貸金業法の規定です。すでに、高額の借入れをしている場合は、この総量規制により新規契約ができない(審査に通らない)場合もあります。

借換えの際、銀行のカードローンを検討するのもひとつの方法です。
銀行カードローンでの借入れは、総量規制の対象外ですが、借り過ぎにご注意ください。

【番外編】リボ払いからカードローンへの借換えでお得になる?

カードローンからカードローンへの借換えだけでなく、クレジットカードのリボ払いからカードローンへ借換えすることも可能です。

リボ払いとは?

リボ払いとは、クレジットカードの返済方法の1つです。利用額や利用回数にかかわらず、月々の支払額を一定の金額に固定し、手数料とあわせて返済します。支払い回数を決めて支払う分割払いとは異なり、追加で商品を購入して利用残高が増えても、毎月の返済額はほぼ一定になります。

リボ払いは、高額の買い物をした場合でも支払い額に大きな変動がなく、管理しやすい点が大きなメリットです。しかし、元金の返済が進みにくいため、支払いが長期化して膨大な手数料を支払うケースがあることも知っておきましょう。

リボ払い2つの返済方法

代表的なリボ払いの返済方法として、「定額方式」と「残高スライド方式」の2つの方法を紹介します。

定額方式

利用残高に関係なく、毎月一定額を支払うのが定額方式です。定額方式は、さらに「元利定額方式」と「元金定額方式」の2種類に分けられます。

元利定額方式は、毎月一定の支払額の中に手数料が組み込まれているものです。例えば、毎月の支払額が1万円の場合、元金と手数料を合わせて1万円を支払います。

元金定額方式は、毎月一定の支払額に残高に応じた手数料がプラスされるものです。

例えば、毎月の元金部分の支払額が1万円の場合、1万円+手数料を支払います。返済が進むにつれ、手数料が変わり、実際の支払金額が毎月異なるのが特徴です。

毎月の支払額が「一定なのか」「毎月の元金部分の支払額が一定なのか」は異なりますが、毎月決まった金額を支払うことで返済負担が減るメリットがあります。

一方で、支払額を低く設定する、あるいはリボ払いでのショッピング回数が増えると、完済までの期間が長くなり手数料がかさむ点には注意が必要です。

残高スライド方式

残高スライド方式は、利用残高に応じて毎月の返済金額が変動(スライド)する方法です。元金の返済が進む、あるいは追加利用して利用残高が変わると、毎月の返済額が変わります。

残高による毎月の支払額はカード会社によって異なり、利用者側での設定はできません。通常は、返済が進むほど、毎月の支払額も少額になり支払いの負担が減ります。

しかし、このような仕組みをきちんと理解せずに残高スライド方式のリボ払いでの購入を続けると、残高が増えたことで支払額がアップする場合もあるため、注意が必要です。

これを防ぐためにも、リボ払いを利用する都度、残高確認をしておきましょう。残高スライド方式には、残高ごとにあらかじめ設定されている金額を支払う「定額方式」と、残高に一定の割合をかけた額を返済する「定率方式」の2種類がありますが、国内では定額方式が一般的です。

リボ払いからカードローンへ借換えるメリット

クレジットカードのリボ払いからカードローンへ借換えるメリットを紹介します。

借換えによって金利(手数料)が下がる場合が多い

リボ払いの手数料はクレジットカード会社によっても異なりますが、15~18%が一般的です。金利14%前後の銀行カードローンに借換えると、金利を下げられます。手数料負担が減ることで総返済額を少なくできるでしょう。

審査に通過しやすい

クレジットカードのショッピング枠の利用は、借入金とみなされません。そのため、リボ払いの利用額が残っている場合でも、カードローン申込時の審査に(比較的)通りやすくなっています。

クレジットカードの利用可能額が戻る

カードローンへの借換えにより、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠が空きます。リボ払いは、利用残高に対して毎月の支払額が少なめであり、残高が減りにくい傾向です。

利用限度額の残額が少ないままだと、ショッピングや公共料金の引き落としなどができなくなるケースもあり、日常生活に支障を来しかねません。

利用限度額に余裕を持たせておけば、精神的なストレスもかからない点はメリットです。ただし、利用枠が空いても返済すべき金額がなくなったわけではありません。

安易なクレジットカードの利用は、返済額の増加につながるため、十分に注意しながら利用しましょう。

カードローンへの一本化で返済の見通しが立つ

複数のリボ払いを利用している場合には、カードローンへの借換えをすることで支払管理の手間が削減可能です。

例えば、「返済日が毎月1回で済む」「返済額を簡単に把握できる」「口座に入れる資金準備を簡素化できる」などが期待できます。

また、複数のリボ払いを一本化することにより、返済の見通しが容易になり、計画的な返済が可能になるでしょう。

定期的な返済の他にも、余裕のあるときに繰上返済をすれば、手数料が減ると同時に支払総額も減らせます。負担のかからない範囲で繰上返済をするのもおすすめです。一般的に、繰上返済は、指定口座への振込みや提携ATMで直接入金するなどの方法があります。

まとめ

カードローンの借換えとは、新たにカードローンを契約して借りたお金で現在契約中のカードローンを清算することです。より低い金利のものを選ぶことで、総返済額を少なくできます。また、いざというときのために利用限度額を増額できるというメリットもあります。

ただし、申込み時の審査に通らないと借換えはできません。
「現在契約中のローンを延滞しない」「勤続年数が短い場合は少し待ってから申込む」など、注意しましょう。

りそなのカードローンは、金利が3.5~13.5%。申込みは24時間、Web上でできます。
りそなの口座がない方でもお申込みが可能です。
また、既存のお客さまの増枠・乗り換えも取扱っています。
一度検討してみてはいかがでしょうか。

本記事は2020年7月時点の情報に基づいて 執筆者(ファイナンシャルプランナー)独自の調査によって作成しております。 将来の相場や市場環境、制度の改正などを保証する情報ではありません。

原則来店不要!

りそなのカードローンを
アプリやWebでお申込み!

来店不要で24時間365日
お申込みが可能!
さらにアプリなら仮審査不要。
ぜひご利用ください!

口座がある方はアプリでスムーズ!
ダウンロードはこちら(無料)

ダウンロードはこちら(無料)
Download on the App Store
GET IT ON Google Play

収入と支出のバランスを考えて計画的にご利用ください。借り過ぎにご注意ください。

目次に戻る

  • Line
  • このページのURLをコピーする

関連記事