カードローンのメリット・デメリットは?フリーローンとの違い、信用情報に関する疑問などについて徹底解説

急な出費でお金が必要になってしまった。
そんなとき、手軽に借りられる方法のひとつに「カードローン」があります。カードローンは、「使い道の自由度が高い」「利用限度額の範囲内であれば借入れのたびに申込みをする必要がない」といった利点があり、計画的に利用すれば便利です。

今回は、カードローンを利用する際のメリットとデメリット、他のローンとの違いや信用情報に関する疑問点、申込み時の注意点などについて解説します。

  • Line
  • このページのURLをコピーする

カードローンとは?基本情報、フリーローンとの違いを解説

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融、クレジット会社などが取扱っているローン商品のひとつです。専用のカードを使うため、「カードローン」と呼ばれています。銀行のキャッシュカードには、カードローン機能をつけられるタイプもあります。

住宅ローンや自動車ローンのような「目的別ローン」とは異なり、カードローンで借りたお金は、基本的に使い方が自由です。また、利用限度額の範囲内であれば何度でも借入れ(キャッシング)が可能です。基本的に、金利は利用限度額によって異なります。限度額が大きくなるほど金利は低くなる傾向にあります。

フリーローンとは?

フリーローンも借りたお金の使い道が自由な商品です。しかし、借入れをするたびに申込みをする必要があり、金融機関の審査が必要となります。フリーローンの金利は借入れ額に関わらず、一定の利率になる場合がほとんどです。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの主な違いをまとめると以下の通りです。

  1. 1.金利
    カードローン:契約時の利用限度額に応じて金利が決まるものが多い
    フリーローン:借入れ額に関わらず一定の金利になるものが多い
  2. 2.借入れ方法
    カードローン:利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借入れすることができる
    フリーローン:借入れのたびに、申込み~審査~借入れ手続きをする必要がある
  3. 3.利便性
    カードローン:一度契約をすれば利用限度額内で何度でも借入れができる点が便利
    フリーローン:カードローンの限度額内では収まらないような出費の際に便利

なお、審査にかかる時間はどちらもさほど変わりません。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンはメリットの多い商品ですが、デメリットもあります。

カードローンのメリット

カードローンのメリット
  1. 1.お金が必要なタイミングで借りられる
    利用限度額の範囲内であれば、必要に応じて何度でも借りられる点がカードローンのメリットです。カードを利用できる提携ATMが、銀行やコンビニにあります。急にお金が必要となった際も、安心です。
  2. 2.使い道の自由度が高い
    借入れたお金は基本的に好きな用途に利用できることもメリットのひとつです。生活費や遊興費、ケガの治療代、香典など、さまざまな目的で使用できます。ただし、事業性のあるものにカードローンは使えないことがありますのでご注意ください。
  3. 3.「残高スライド方式」が多いため計画的に利用しやすい
    借入れ残高(基準貸越残高)に応じて毎月定額の返済となる「残高スライド方式」が多いのもメリットです(取扱う銀行やノンバンクによって違いはあります)。この方式は返済額が明確であるため、計画的に返済がしやすいでしょう。

カードローンのデメリット

  1. 1.契約した利用限度額によって金利が異なる
    カードローンの金利は、契約した利用限度額によって異なる場合があります。例えば、利用限度額を200万円で契約している人と100万円で契約している人とでは、同じ50万円を借りた場合でも金利が異なります(『100万円の方』の金利のほうが高くなります)。限度額を低く設定した場合、高い金利での返済となる点はデメリットといえるでしょう。
  2. 2.返済期間が長期化する可能性がある
    カードローンには、「利用限度額の範囲内であれば、何度でも借りられる」「毎月定額の返済額(借入れ残高に準ずる)で支払える」などのメリットがあります。しかし、フリーローンや自動車ローンなどのように返済期間が決まっているわけではありません。そのため、追加で借入れをした場合などに、返済期間が長期化することがあります。
  3. 3.他のローンを組む際、審査に影響する
    カードローンは、利用の有無に関わらず「契約した利用限度額」が審査の評価額になります。利用限度額100万円のカードローンを契約している場合、1円も利用していなくても、審査では100万円の借入れがあるとみなされる、ということです。そのためカードローンがあることで、住宅ローンや自動車ローンなどの審査に通らないことも出てきます。状況によってはカードローンを解約しなければならないケースもあるでしょう。

カードローンの信用情報にまつわる疑問点を解消

「カードローンを利用すると信用情報が傷つくのでは?」「不都合な履歴が残るのでは?」とカードローンの利用に不安を感じる方もいるでしょう。そんな方のために、信用情報にまつわる4つの疑問点を解消します。

カードローンを利用すると信用情報に傷がつく?

よくある疑問のひとつに「信用情報に傷がつくのでは?」があります。結論からいうと、カードローンを利用しただけで信用情報に傷がつくことはありません。信用情報にはローンの申込み内容や利用状況などが記録されますが、契約した通りに返済をしていれば問題ありません。ただし、1日でも返済が遅れた場合、信用情報に影響が出る可能性があります。注意しましょう。

カードローンの延滞などの記録は履歴に残る?

返済が遅れると、その取引履歴は信用情報に記録されます。今後の利用に影響を及ぼす可能性があるので、返済忘れのないよう、注意したうえで利用しましょう。

完済の履歴は、いつ信用情報の取引き履歴に反映される?

完済・解約も含め、すべての取引き履歴が信用情報に記録されます。信用情報が更新されるタイミングは信用情報機関によって異なるため、反映日が「いつ」とは断言できません。ただし、最新の状態にするのが望ましいため、基本的には早い段階での反映となっているようです。

自分の信用情報を確認することはできるのか?

自分の信用情報は、信用情報機関に情報開示申請を行うことで確認できます。主な信用情報機関と、取扱っている情報は次の通りです。

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
    銀行系クレジットカードや銀行での住宅ローンなどの利用情報
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
    クレジットカードなどの利用情報
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
    貸金業者やクレジット会社等の利用情報

なお、信用情報の開示には所定の手数料が必要です。組織ごとに違いはありますが、手数料が必要な場合は1,000円程度かかります。パソコンやスマートフォンなどからも申請できるので、気になる方は確認しておくとよいでしょう。

借りやすいカードローンは存在する?申込みの際に注意したいポイント3点

上手に利用すれば便利なカードローン。では、「借りやすいカードローン」は存在するのでしょうか。カードローンの申込みの際に注意したいポイントとあわせてご紹介します。

借りやすいカードローンは存在するのか?

結論からいうと、「借りやすいカードローン」はありません。カードローンの審査時にチェックされるのは、主に「年収」「他社からの借入状況」「信用情報」です。どのカードローン会社でも、おおむね同じ審査方法をとっています。結果が変わることは、ほぼないでしょう。つまり申込みにおいて大切なのは、「審査に通りやすい方法を選んでいるか」です。

カードローンを申込む際に注意するポイント

  1. 1.身の丈にあった利用限度額かどうか
    カードローンは利用限度額を高く設定した方が多くの借入れができ、金利は低くなります。しかし、利用限度額が大きくなるほど審査も厳しくなります。法律で「総量規制」が定められており、消費者金融などの貸金業者は、「年収の3分の1」を超える貸付けはできません。銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、自主規制を設けているところも増えています。基本的に、年収の50%を超えるような利用限度額を希望しても審査は通りません。年収や支出を踏まえて、無理なく計画的に利用できる限度額で申込むようにしましょう。
  2. 2.勤続年数が短くないか
    審査で重視されるのは「安定した収入があること」です。就職や転職した直後にカードローンを申込んでも、「安定収入」の有無を確認できず、審査に通らないことがあるので注意しましょう。
  3. 3.同時に複数社に申込もうとしていないか
    複数のカードローンの比較をするのはよいことですが、「どこか1社でも審査が通れば」と考えて、一度に何社も申込むのは控えたほうが無難です。信用情報には「カードローンの申込み」も登録されています。同時期に複数社へ申込むと、「お金に困っているのでは」「貸し倒れリスクが高そう」と判断され、信用情報を悪くしてしまう可能性があります。自分にあったカードローンを比較検討して、1社に絞り込んでから申込んだほうがよいでしょう。

まとめ

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができ、非常に便利です。計画的な利用を心がける必要はありますが、上手に使えば急な出費にも対応できます。急な出費や先々の生活に備えて、いざというときのためにカードローンを用意しておくのはいかがでしょうか。

りそな銀行カードローンは、全国のりそな銀行や提携ATMで借入れができます。急な出費があった際も安心です。また、利用限度額は10万円~800万円まで13種類あり、利用方法にあったカードローンを選ぶことができます。

申込みはWeb上で24時間受け付けているため、来店する必要はありません。カードローンはキャッシュカードに機能を付加するタイプです。りそな銀行のキャッシュカードをすでにお持ちの方は、そのままご利用できます。もちろん口座をお持ちでない方の申込みも可能です。ぜひご検討ください。

りそな銀行のカードローンはこちら

本記事は2020年7月時点の情報に基づいて 執筆者(ファイナンシャルプランナー)独自の調査によって作成しております。 将来の相場や市場環境、制度の改正などを保証する情報ではありません。

横山 研太郎(よこやま・けんたろう)
プロフィール目次に戻る
保有資格:
1級ファイナンシャルプランニング技能士 日本証券アナリスト協会認定アナリスト MBA(経営学修士)

ねこのて合同会社 代表。大手メーカーで経理、中小企業の役員として勤務したのち、ファイナンシャルプランナーとして独立。金融機関での経歴がないからこそ、お客様にとってのメリットを最大化するプランを提案することができることを強みとする。保険だけ、投資だけに片寄ることなく、今の生活も将来の生活も可能性に満ちたものにするようアドバイスすることを心がける。

原則来店不要!

りそなのカードローンを
Web完結でお申込み!

必要書類もWeb送付できるので
24時間365日Web完結

必要書類の撮影イメージ

収入と支出のバランスを考えて計画的にご利用ください。借り過ぎにご注意ください。

  • Line
  • このページのURLをコピーする