【年代別】共働き夫婦の貯金額とは?無理せずお金をためるコツを紹介!

夫婦で共働きをしていても、教育費や年金、老後の資金など、お金に関する悩みは尽きません。「老後も安心して暮らすために、どれくらい貯金しておけばいいのだろう?」気になるところですが、親しい友人にも貯金額は聞きにくいですよね。

ここではそんなご夫婦のために、「年代別の貯金額」や「貯金を作るコツ」を紹介します。

  • Line
  • このページのURLをコピーする

20代・30代・40代・50代、毎月の平均貯金額と総貯金額はどれくらい?

結婚、出産、住宅の購入、育児、教育──。ライフスタイルやライフステージの変化よって、必要な貯金額は変わります。まずは年代別の毎月の貯金額(平均)と貯金の総額を確認してみましょう。

  • 厚生労働省の「2018年 家計調査報告(家計収支編)(貯蓄・負債編)」、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査 2019年」の二人以上世帯調査や、国税庁の「平成29年度分 民間給与実態統計調査」などをもとに紹介します。

(二人以上世帯)20代~30代の貯蓄額

20代~30代の貯蓄現在高は600万円。20代の毎月の貯蓄額は、「手取り金額の10~15%未満」が最も多くなっています。20代~30代の可処分所得(収入から社会保険料や税金を引いた金額)の平均金額43万4,585円を手取り金額とすると、20代の貯蓄額は月4.3~6.5万円になります。30代の毎月の貯蓄額は、「手取り金額の5~10%未満」が最も多く、月2.2~4.3万円です。

20代と比べて30代は貯金にまわす割合が少なくなっています。住宅ローンの返済や教育資金など、支払いが多くなることが要因として考えられます。

(二人以上世帯)40代の貯蓄額

40代の貯蓄現在高は1,012万円。毎月の貯蓄額は、「手取り金額の10~15%未満」が最も多くなっています。可処分所得の平均金額48万6,087円を手取り金額とすると、貯蓄額は月4.9~7.3万円になります。

30代と同様に住宅ローンの返済や子供の教育資金などの支払いが多く、貯蓄にまわす割合はさほど増えていません。しかしながら収入が増加することで、貯蓄額は増えていると考えられます。

(二人以上世帯)50代の貯蓄額

50代の貯蓄現在高は1,778万円。毎月の貯蓄額は40代と同様に、「手取り金額の10~15%未満」が最も多くなっています。可処分所得の平均金額51万1,894円を手取り金額とすると、貯蓄額は月5.1~7.7万円になります。

子供が成人すると、一般的には教育にかける費用が少なくなります。「子供が就職してから本格的に老後の資金を考える」という夫婦も多いようです。

30代・40代で貯金無し。これから貯金をはじめる方法とは?

30代・40代は、結婚、子育て、住宅購入、子供の進学(高校・大学)などライフイベントが多い年代でもあり、その分お金もかかるようになるため、この年代でも貯金無しは珍しいことではありません。
大切なのは、「これからどのように貯金をしていくか」。その方法をいくつか紹介します。

家計簿をつけて収支をしっかりと管理

まずは、毎月どれだけの収支が発生しているのかを把握するために家計簿をつけることからはじめましょう。手取りの収入と毎月の支出を1つ1つ見直すには、家計簿をつけるのが一番です。収入=出費となっているようであれば、まずはそちらから見直す必要があります。

老後に準備しておきたい貯金額から毎月の貯金額を決める

まずは老後に必要なお金を計算して、目標貯金額を設定しましょう。日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」には、これまで支払った保険料の金額だけではなく、将来もらえる年金の見込み額が記載されているので活用しましょう。

そして「毎月どれくらい貯金すれば目標に届くのか」を計算しましょう(例:毎月6万円貯金したとすると15年で1,080万円 など)。老後までに備えておきたい貯金額を決めたら、現在の夫婦の貯金残高を考え、毎月いくらずつ積立てれば目標に届くのかを計算しましょう。

積立金額に無理がないか、実際に生活して確認

毎月の手取り額から目標の貯金額を引いた額が生活費になります。実際にその金額で生活し、「継続することができるか」確かめてみましょう。無理があるようなら、調整する必要があります。また、もう少しがんばれるようなら、毎月の積立金額を増やすことも検討しましょう。

まずは固定費の見直しから?貯金を増やす3つのコツ

貯金を増やすにはコツがあります。3つのコツとして、「固定費を見直す」「無理に節約をしない」「貯金の優先度を上げる」を以下より詳しく紹介します。

固定費は意外と見直せる?

固定費は、水道光熱費の基本料金や住宅ローン、家賃、保険料のように毎月一定額がかかる費用のことです。
毎月なにげなく口座引き落としで支払っていることが多い固定費ですが、見直せるものがあるかもしれません。例えば、過剰または重複する補償内容になっている保険の見直しや、住宅ローンの借換えなどを検討することで、固定費を抑えることができるかもしれません。「固定費は削減できない」という固定観念を切り捨てて、毎月の大きな支出になる固定費から家計のてこ入れをするのがポイントです。

無理な節約は逆効果になることも?

無理な節約は長続きしないので禁物です。貯金することでストレスがたまり、その反動で貯金を使ってしまっては元も子もありません。
貯金のコツは、具体的な期間や金額を決めて長く続けることです。

貯金を優先して支出を計算する

残ったらためるのではなく、収入から貯金額を先に控除して貯金にまわし、残った金額で生活することをおすすめします。貯金額を「支出額」として先に計算しておくと、着実に貯金が進んでいきます。「貯金の優先度を上げる」のもコツの1つです。

平均額以上の貯金ができている夫婦の共通点とは?

きちんと貯金ができている夫婦はどのような工夫をしているのでしょうか。ここからは、平均以上の貯金ができている夫婦の共通点を紹介します。

ボーナスを貯金する(貯金する割合を決めている)

「ボーナスを臨時収入と考え、貯金にまわす」という傾向があります。しっかりと貯金できている夫婦は、「ボーナスの30%は貯金」など、あらかじめ割合を決めて貯金しています。

資産運用をしている

生活に支障のない範囲で貯金を資産運用に回し、貯蓄を増やしている夫婦もいます。「万が一のための貯金」は残しつつ、余裕のある額で運用にチャレンジしてみるのもいいでしょう。
資産運用は必ず増えるとはかぎらないため、すべてのお金を運用に回すことはリスクが高くおすすめできません。何かあったときに対応できる金額は貯金で残して、資産運用は余裕資金の範囲内で行いましょう。

生活費用と貯金用の口座を分けている

「生活費用と貯金用の口座を分ける」という方法もあります。生活費用の口座や、老後のための貯蓄用口座、車用の口座、子供の進学のための口座など、利用目的ごとに口座を分けて管理するのもおすすめです。

まとめ

夫婦で貯金を増やしていくには、支出の把握と貯金の計画が大切です。「給与やボーナスは、貯蓄用の口座に積立て、残ったお金で生活する」など、工夫して無理なく続けてみましょう。

口座開設は、りそな銀行が便利です。残高確認をアプリで簡単にでき、取引に応じてポイントがたまります。また、たまったポイントは、マイルやパートナー企業のポイントに交換したり、キャッシュバックを受けたりすることも可能です。また、老後の資金のシミュレーションを無料でできますので、不安を感じている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

本記事は2020年3月時点の情報に基づいて作成しておりますが、将来の相場等や市場環境等、制度の改正等を保証する情報ではありません。

加治 直樹(かじ・なおき)
プロフィール目次に戻る
保有資格:
1級FP技能士 社会保険労務士

銀行に20年以上勤務し、融資及び営業の責任者として不動産融資から住宅ローンの審査、資産運用や年金相談まで幅広く相談業務の経験あり。在籍中に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び特定社会保険労務士を取得し、退職後、かじ社会保険労務士事務所として独立。現在は労働基準監督署で企業の労務相談や個人の労働相談を受けつつ、セミナー講師など幅広く活動中。

来店不要 スマホアプリで
最短翌営業日に口座開設

運転免許証(マイナンバーカード、在留カード)を撮影して送信するだけ

運転免許証
ダウンロードはこちら
  • Download on the App Store
  • GET IT ON Google Play
  • カードがお手元に届くまで、約2週間ほどかかります。
約30分でカード発行 店舗ですぐ!口座開設

印鑑不要・全店平日17時まで営業

  • 即時発行は所定の顔写真つき本人確認資料の場合に限ります。
  • 店舗やお取引内容によっては30分以上お時間をいただくこともございます。お時間の余裕を持っておこしくださいませ。
  • Line
  • このページのURLをコピーする