スマートフォン用ページはこちら

日本版スチュワードシップ・コードへの取組み

1.日本版スチュワードシップ・コードの受入れについて

 当社は、2017年5月に改訂された「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》(以下、「本コード」)の内容を踏まえ、2017年6月、その趣旨に賛同しこれを受け入れることを表明しました。

 当社では、本コードを遵守すべきルールとしてではなく、お客さまおよび投資先企業を含む社会とともに持続的に成長するビジネスモデルを構築する取り組みとして捉えています。すなわち、投資先企業の企業価値の向上や持続的成長を促して中長期的な投資リターンを拡大し、お客さま、投資先企業ひいては社会に付加価値を提供することを通じ、初めて当社自身も持続的な成長を実現できるものと考えています。

2.日本版スチュワードシップ・コードへの取組方針

本コードで示された諸原則への取組方針を定めています。

今般、資産運用機能のりそなアセットマネジメントへの集約に伴い、「スチュワードシップ・コードに対する取組方針」を以下に更新しました。

3.取組み状況

当社のスチュワードシップ活動に対する取組状況について、以下に適時開示しております。