結婚までに貯金はいくらためておくと安心?結婚式の費用や平均貯蓄額から計算!

幸せな2人の門出となる結婚。記憶に残るような素敵な挙式や披露宴にしたいと考える方も多いのではないでしょうか。そんな夢を叶えるために「結婚にはいくら必要なのか」「いくら貯金しておくべきなのか」を早めに考えておくことも大切です。

そこで今回は「結婚までにどれくらいの貯金があればいいか」を、結婚式の平均費用や夫婦の平均貯蓄額を参考にしながら紹介します。

結婚が決まった時の平均的な貯金額は323.8万円!

リクルートのブライダル総研「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、結婚直前の夫婦の貯蓄額は平均323.8万円。「200~300万円を貯蓄している夫婦が約2割」で最も多いという結果でした。

結婚の平均年齢と平均貯蓄額を、官公庁が発表しているデータをもとに紹介します。

  • 令和元年度「少子化社会対策白書」によると、2017年で平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻が29.4歳
  • 令和元年「家計の金融行動に関する世論調査(単身生態調査)」によると金融資産保有世帯で20代の平均貯金額が133万円、30代の平均が281万円

結婚前・結婚後に必要な費用はどれくらいある?

ゼクシィの調査によると婚約~新婚旅行までの費用の平均は461.8万円。結納式、両家顔合わせ、婚約指輪、結婚指輪、新婚旅行代など、さまざまな費用がかかります。もちろんこれらは、挙式の形式や披露宴の内容、招待する人数によっても大きく変わります。

ここからは結婚式や新生活に必要になる費用を紹介します。

結納金(0~100万円)

結納を行った夫婦の割合は2019年で約11%。およそ10組に1組しか結納を行っていない計算です。顔合わせのみを行った夫婦が約85%となっています。

食事を含めた顔合わせのみであれば平均金額は6.7万円程度。結納をする場合は、平均金額は約93.3万円。地域によって差はありますが、費用は50~100万円となっています。

新居の初期費用・家具家電などの購入代金(約100万円)

新居が賃貸物件であれば、初期費用は家賃の4~5倍が相場です。敷金が家賃の1~2ヵ月分、礼金も家賃の1~2ヵ月分、別途家具や家電の購入費用も加わります。家電や家具を新たに購入するとなると数十万円、引越し費用も考えると100万円くらいは準備しておきたいものです。

はじめから戸建てやマンションを購入するのであれば、頭金も準備しなければなりません。頭金の相場は、物件価格の2割程度。住宅ローンを利用する場合でも、家具家電や火災保険、不動産業者へ支払う仲介費用などの諸経費がかかります。

結婚式の費用(約150万円)

挙式・披露宴にかかる金額の平均は354.9万円。しかし、挙式、披露宴の費用として親や親族からは平均167.8万円の援助があり、他にもご祝儀があるので、実際の支出は150万円程度となることが多いようです。ただし、二次会や司会、スタッフへの寸志など、結婚式場に支払う費用以外にも諸費用が発生します。できれば少し多めに準備したいものです。

新婚旅行(約60万円)

新婚夫婦の約8割は、新婚旅行を楽しみます。お土産代を除く費用の平均は61.4万円。新婚旅行を国内にするか国外にするかで費用は大きく変わりますが、60万円程度が相場です。

貯金が足らなくても結婚できる!

結婚が決まった夫婦の平均的な貯金額は323.8万円。結婚費用が平均461.8万円かかることを考えると、ほとんどの夫婦は貯金額が100万円以上不足していることがわかります。それでは不足分はどのように補填したのか。いくつかご紹介します。

親からの援助

ゼクシィの調査によると、77.8%の夫婦が結婚費用として親・親族からの援助があったという結果が出ています。その際の援助総額の平均は191.2万円。これだけでも十分に不足分を補うことができます。

ご祝儀への期待

親からの援助以外にもご祝儀で補うことも可能です。しかしご祝儀は式当日にいただけるものに対して、ほとんどの式場は基本現金での前払いとなっています。ご祝儀を期待する場合は、親に一時的に借りることや、使いみちが自由のフリーローンを活用するとよいでしょう。

結婚の費用は抑えることも十分可能

結納は省略するか、略式結納にとどめて費用を抑えることもできます。最近は、「親しい友人や親族だけで結婚式をしたい」と考える人も多くなっています。レストランウエディングで結婚式場の費用を抑えたり、予算に合わせて規模・演出を控えめにしたりするなど、多くのプランが用意されています。

海外挙式で結婚式と新婚旅行を兼ねる

海外挙式ですと渡航費は多くかかってしまいますが、出席者は主に親しい友人や親族に限られるため、小さい規模での結婚式にすることができます。新婚旅行も兼ねることができるので、「海外挙式はおしゃれで思い出になるし、節約にもなる」と人気があります。

どうやって貯金を作る?ポイントはコツコツ計画的に!

貯金が足らなくても結婚式を行うことはできますが、一生に一度の思い出となる結婚式は自分たちの望む最高の式にしたいと思う人がほとんどではないでしょうか。そのためには、結婚資金を計画的にコツコツためていくことが重要です。

まずは毎月の出費を把握!無駄遣いを減らしていこう

最初に、月々決まって必要になる費用を書き出して、節約できるものがないかを検討します。

キャッシュレス決済やポイントがつくクレジットカードを活用

政府のキャッシュレス決済推進もあり、現金での支払いよりもクレジットカードなどのキャッシュレスサービスでの支払いがお得です。「ポイント還元を利用して支出を抑える」「ポイント還元率の高いキャッシュレスサービス中心の生活を心がけ、効率よくためる」などの方法も検討してみてください。日用品や食事代など1日の利用金額はわずかでも、1ヵ月の合計金額は大きなものになります。

積立用の口座を作ってコツコツ定額貯金

2人で毎月定額を積立てていくと、計画的に貯金を増やしていくことができます。最初から給料天引きのようなカタチで貯金をして、残ったお金で生活をするようにすれば自然とお金はたまっていきます。

結婚費用の目標額を決めるのも、おすすめです。毎月定額を積立てていけば、あとどれくらいで目標が達成できるかがわかりやすくなります。

「こんな結婚式にしたい」というプランがあれば、目標達成に向けて頑張ることができます。また、貯金額から結婚の時期を逆算していくこともできるでしょう。式場の予約もスムーズにできると思います。

結婚に向けて毎月どれくらい積立貯金していく?

ここでは300万円を目標に貯金していくには、毎日どれくらい貯金をしていけばいいのかを紹介します。

新婚夫婦の毎月の貯金額は平均約5.5万円

リクルートブライダル総研調べ「新婚生活実態調査2017」によると夫婦の貯蓄額の月平均は約5.5万円。貯金0から毎月5.5万円を貯金すると300万円たまるまでに4年半ほどかかる計算です。結婚時期を考え、毎月の貯金額を相談して決めていくのが良いでしょう。

毎月の貯金額は手取りの1~2割程度

収入額は夫婦によって異なりますが、手取りの給与の1~2割程度を目安に貯金している新婚夫婦が多いです。「手取り給料の15%、ボーナスは30%」などと具体的な割合を決めて貯金をするのもおすすめです。

積立貯金の専用口座を作ろう!

2人で毎月決めた額を入金していくなら、積立専用の口座を作るのがおすすめです。
共通の目標があることで絆も深まります。貯金額が目に見えるのでモチベーションが維持しやすくなります。

まとめ

結婚にはお金がかかります。結婚時の平均貯蓄額は300~350万円。まずは毎月の収支を把握して、貯金額の目標を設定し、無駄遣いをなくしていきましょう。目標を持ってコツコツと積立てていくことが大切です。

りそなの口座なら、銀行取引に応じてポイントがたまります。また、「おまとめアプリ」を使えばりそなグループの口座をまとめて管理でき、残高をスムーズに確認することが可能です。結婚のための2人の積立貯金専用口座を開設するなら、りそなを検討しませんか。

本記事は2020年3月時点の情報に基づいて作成しておりますが、将来の相場等や市場環境等、制度の改正等を保証する情報ではありません。

来店不要

スマホアプリで
最短翌営業日に口座開設

運転免許証(マイナンバーカード、在留カード)を撮影して送信するだけ

運転免許証
ダウンロードはこちら
(無料)
Download on the App Store
GET IT ON Google Play
QRコード
  • カードがお手元に届くまで、約2週間ほどかかります。

約30分でカード発行

店舗ですぐ!口座開設

印鑑不要・全店平日17時まで営業

  • 即時発行は所定の顔写真つき本人確認資料の場合に限ります。
  • 店舗やお取引内容によっては30分以上お時間をいただくこともございます。お時間の余裕を持っておこしくださいませ。

目次に戻る

  • Line
  • このページのURLをコピーする

関連記事