【ミニマリストの持ち物】財布の中身・支払い方法はどうしている?

ライフスタイルは人それぞれ異なりますが、昨今では「ミニマリスト」と呼ばれる必要最小限の物だけで暮らす人が注目を集めています。大量生産・大量消費で物に囲まれている現代社会においてミニマリストはどのように工夫して生活しているのでしょうか。今回はミニマリストの財布の中身や支払い方法に注目して、そのノウハウをご紹介します。

  • Line
  • このページのURLをコピーする

ミニマリストはどんな財布を使っている?

ミニマリストとは、「最小限の」という意味の「ミニマル(minimal)」から派生した造語です。必要最低限の物で豊かに生活しようと考える人のことをミニマリストと呼び、最近ではミニマリストに適した薄くて小さい財布も多く販売されています。

ここではミニマリストに人気の財布はどのようなタイプのものかご紹介します。

長財布よりも折りたたみが人気

財布としての収納力では長財布のほうが優秀なことが多いですが、薄くてコンパクトでありながら相応の収納力もある折りたたみ財布がミニマリストには人気です。ミニマリストのように持ち歩くカードを極力減らすよう心がければ、財布もすっきりとします。

小銭はコインケースを準備する人も

財布の中に小銭やカードを入れていると財布が膨らんでしまいがちです。特に、小銭はスペースを使い、財布が膨らむことで劣化の原因にもなりかねません。そのため、コインケースを別に準備するミニマリストもいるようです。

ミニマリストの財布の中身はどうなっている?

シンプルな暮らしを好むミニマリストの財布の中身は、いったいどうなっているのでしょうか。ミニマリストが財布に入れているものは、実にシンプルです。会員カードやスタンプカードなどは、ごく少数の物に絞って、以下の必要最小限の物に抑えているのです。

現金

クレジットカードや電子マネーのキャッシュレス決済を利用する方が多く、現金は基本的に使いません。しかし、どうしても現金払いしかできない店もあるので、いざというときのために必要最小限の現金を用意して入れておきます。

運転免許証・健康保険証

ときには、身分証明書が必要となることもあるので、運転免許証や健康保険証などの身分証明書は入れておきます。車の運転をする人は運転免許証で十分に身分証明書になりますが、出先での急な病気やケガに備え、健康保険証も念のために入れておきます。

デビットカード&クレジットカード

スマートフォン決済を活用していれば、カードもあまり必要となりません。そのため、メインのキャッシュカード一体型のデビットカードとクレジットカードを1枚ずつ入れておきます。この2枚を入れておけば様々なシーンでの買い物に対応できるため安心です。

ミニマリストはキャッシュレス決済で現金は必要最小限に

財布を小さくするため、現金を必要以上に持たないのがミニマリストです。ミニマリストが普段使っている支払い方法はどんな決済方法なのかを紹介します。

近年はキャッシュレス派が増加

近年のミニマリストは、現金を補助として持つ程度でキャッシュレス決済を利用する場合が多くなっています。現金は、現金払いしかできない店があったときに、念のため持ち歩く程度で、極力最小限に抑えます。
最近は、スマホ決済による還元率の高いキャンペーンをおこなっている会社も多く、キャッシュレス派が急速に増加しています。スマートフォンのアプリで決済ができるので、ますます現金の必要性がなくなっていくでしょう。

おすすめはデビットカード

スマホ決済の普及率は、今後も増加していくことが予想されます。スマホ決済が普及していけば、スマートフォンを財布代わりにすることも可能です。ただし、スマホ決済に対応していないお店も多くあるため、クレジットカードやデビットカードも持ち歩くのがよいでしょう。

現金ではなく、スマホ決済とカード決済のみにすることができれば、財布も小さいもので十分です。なかでも、決済と同時に代金が口座から引落とされるデビットカードは、口座の残高までしか利用できず、使いすぎ防止にもなります。お金の管理が簡単なため、シンプルな生活を好むミニマリストに、特におすすめです。

財布に入れておくのはデビットカード!クレジットカードとの使い分けは?

お金の管理が簡単にできるデビットカードであれば、財布の中身もコンパクトになります。ただしデビットカードだけでなく、クレジットカードもあわせて持っておいたほうがよい場面もあります。以下でデビットカードの利点と、どのようなときにクレジットカードが必要となるか確認しておきましょう。

デビットカードの利点

デビットカードの大きな利点の一つは、即時払いのため使いすぎが防止できる点です。クレジットカードのように与信枠がなく、口座の残高以上には買い物ができないため、過度に使ってしまう事態は避けやすいでしょう。

また、クレジットカードの場合、翌月の支払いを気にする必要がありますが、デビットカードは即時決済のため、そのような心配をする必要もありません。
電子決済でありながら、現金ようにお金の管理がシンプルになる点も利点といえるでしょう。

クレジットカードを使うシチュエーション

便利なデビットカードですが、いつでも使えるわけではありません。まず、高額な買い物をする際には、デビットカードが使えない場面が出てきます。なぜなら、デビットカードは分割払いができず、口座の残高がないと使用できないためです。
クレジットカードであれば、口座残高に縛られず、与信枠のなかで買い物ができるため、大きな買い物が必要な際はクレジットカードを利用することになります。また、お店によっては、デビットカードが利用できない場合もあるため、そのような時もクレジットカードを利用することになります。

クレジットカードは、旅行保険などカード付帯の保険やオプションがデビットカードより充実しているというメリットもあります。旅行の保険や高額な買い物などデビットカードでは対応できない場合にクレジットカードを使い、日々の生活で必要な買い物はデビットカードにするといったように使い分けるのがよいでしょう。

ミニマリストにおすすめなデビットカードとは?

デビットカードには、銀行のキャッシュカードをそのまま買い物で利用できるものと、VISAやJCB、マスターカードなどの国際ブランド付きのデビットカードがあります。国際ブランド加盟店で幅広く利用できるデビットカードは、ミニマリストにおすすめです。

国際ブランドはシェア1位のVISAを選ぶ

日本国内ではJCBの加盟店が多いのですが、国内でも海外でも加盟店が多い世界シェアNo.1のカードはVISA。海外(現地・海外サービス)では、VISAしか使えないケースも多いので、1枚を選ぶとするならVISAがおすすめです。

ポイント還元でお得なカードを選ぶ

デビットカードは、クレジットカードと同様に利用した分だけポイント還元やキャッシュバックがあります。デビットカードを選ぶなら、ポイント還元率などを比較して選ぶとお得です。

ミニマリストにはりそなの「Visaデビット」がおすすめ!

りそな銀行のVisaデビットであれば、上記で紹介した2つのポイントをクリアしているのでお得で便利です。世界中の「VISA」マークのあるお店でショッピングができ、即時に指定の普通預金口座から引落としされます。また、海外の提携ATMから現地通貨で引出すことも可能です。

りそなウォレットアプリもあるので、利用明細の確認や利用限度額の変更など確認・設定はアプリでおこなうことができ、お金の管理も簡単でしょう。

まとめ

必要最小限で豊かな暮らしを考えるミニマリストには、小さな財布とキャッシュレス決済がおすすめです。カードは、クレジットカードとデビットカードにして最小限の枚数に抑え、現金で財布がかさばることがないようにうまく使い分けましょう。

国内外で利用できるデビットカードを作るなら、国際ブランドシェアNo.1のVISAが便利でしょう。また、ミニマリストにはアプリで利用明細の確認もできて、お金の管理も簡単な「りそな銀行のデビットカード」がおすすめです。

りそなデビットカード(Visaデビット)

本記事は2020年3月時点の情報に基づいて作成しておりますが、将来の相場等や市場環境等、制度の改正等を保証する情報ではありません。

加治 直樹(かじ・なおき)
プロフィール目次に戻る
保有資格:
1級FP技能士 社会保険労務士

銀行に20年以上勤務し、融資及び営業の責任者として不動産融資から住宅ローンの審査、資産運用や年金相談まで幅広く相談業務の経験あり。在籍中に1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び特定社会保険労務士を取得し、退職後、かじ社会保険労務士事務所として独立。現在は労働基準監督署で企業の労務相談や個人の労働相談を受けつつ、セミナー講師など幅広く活動中。

りそなデビットカードのお申込み
既にりそなデビットカードをお持ちの方は、アプリでもっと便利に!
りそなウォレットアプリ(無料)
  • Download on the App Store
  • GET IT ON Google Play

アプリについて詳しく見る

  • Line
  • このページのURLをコピーする