クレジットカードの家族カードとは?メリットや注意点をわかりやすくご紹介!

4人家族

“家族カード“とは、支払いを本会員にまとめることができる便利なクレジットカードです。たとえば、「家計費を夫婦で別々に支払うと請求書の管理が面倒」「一人暮らしの子どもにクレジットカードを持たせたい」という場面で役立ちます。

ここでは、家族カードについて聞いたことはあるけど詳しく分からないという方に向けて、特長、メリット、注意点、オススメの活用方法、申込方法等についてわかりやすく解説します。

家族カードとは 申込資格、名義・暗証番号、請求について

クレジットカードの家族カードは本会員の家族が保有できるカードで、本会員を”親”とすると家族会員は”子”にあたります。
カードは家族会員用に発行され、本会員と同じように利用できますが、一部機能に制約があるため、本会員との違いを理解しておきましょう。

  • 以下はりそなカードの条件です。カード会社によって条件が異なるのでご注意ください。

申込資格

本会員と生計をともにする配偶者・満18歳以上の子ども(高校生を除く)・親で、本会員が認めた方であれば、お申込みができます。

「生計をともにする」とは、言い換えると「家計の財布を共有している」という意味です。

同居の有無は関係ありませんので、一人暮らしの子どもや単身赴任の配偶者でも対象となります。一方で、結婚して親とは家計が別になった場合はあてはまりません。
また、兄弟や祖父母、いとこは対象外です。

カード名義・暗証番号

主契約者は本会員ですが、カードに印字されるアルファベットの名義は家族会員の名前です。また、暗証番号は申込時に本会員とは別に任意の数字を設定します。

利用限度額・請求

主契約者である本会員の限度額内で利用できます。例えばショッピング利用限度額が100万円の場合、本会員と家族会員合わせて100万円まで利用できます。
また、毎月の請求金額は本会員宛に本会員利用分と家族会員利用分がまとめて通知され、本会員の口座から引落しされます。

家族カードのメリットとは

自分が主契約者になるよりも家族会員となった方がおトクなケースもあります。

本会員と同じサービスを受けられる

本会員がゴールドカードを契約している場合、その家族会員も同様にゴールドカードのサービスが適用されます。例えば、ゴールドカードで人気な特典の1つである空港ラウンジサービスを家族会員も無料で利用できます。

ポイントがたまりやすい

家族カードの利用金額に対してもポイントが付きます。ひと月で本会員が10万円、家族会員が5万円のお買物をした場合、その月は15万円×還元率分のポイントが付与されます。家族で協力してポイントをためるのも楽しいかもしれません。

年会費が安い

家族会員の年会費は、本会員に比べ安く設定されていることが多いです。
りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉を例にあげると以下の通りです。

~りそなクレジットカード〈クラブポイントプラス〉の場合~
年会費(本会員) 年会費(家族会員)
JCB 一般 1,100円(税込)※1 440円(税込)
VISA 一般 1,375円(税込)※1
JCB ゴールド 5,500円(税込)※2 1名まで無料
2人目以降、1,100円(税込)
VISA ゴールド 11,000円(税込)

横スクロールできます。

  • ※1初年度年会費無料
  • ※2通常11,000円(税込)のところ、「5,500円(税込)」はりそなカードが負担。

家族カードの注意点

家族カードはおトクな一方で、やはり主契約者ではないことから一部制限があることも事実ですので、事前によく確認しておきましょう。

利用限度額

家族会員は、本会員の限度額の範囲内に限り利用が可能です。例えば、ショッピング利用限度額が100万円の場合、家族会員が50万円使ってしまうと、本会員はあと50万円しか使うことができません。本会員は限度額の一時引上げの申込みができますので、大きな買物をする際には事前に本会員に相談しておくなど、トラブルとならないように注意しましょう。

利用明細

家族カードの利用明細は、紙の場合は本会員宛に発送され、Webの場合は本会員宛にメールで通知されます。また、本会員はいつでも家族会員の利用状況を確認できます。家族カードを利用する際には、本会員が照会できることを頭に入れておきましょう。

登録内容の変更や照会

家族会員は利用限度額を引き上げる、支払方法をリボ払いに変更するなどカード利用に関する各種変更や、住所変更・名義変更などの登録内容に関する変更ができません。

本会員にとっては一定の制限があることで、安心してカードを利用できるとも言えます。

家族カードのオススメ活用方法

家族カードの活用方法はさまざまですが、ここでは代表的な活用方法をご説明します。

家計管理に活用する

家族カードは、家族で支払いを一本化できることが大きなメリットです。以下のようなケースでも、家族カードがあれば支出を把握しやすく、家計管理の効率化に役立ちます。

  • 夫が電気・ガス・水道などの固定費、妻が食費をそれぞれのクレジットカードで支払っているが、請求書が別々のため管理が面倒
    ⇒家族カードを利用すれば、管理する明細書を減らすことができる
  • 急な買物を頼まれた時、あとでレシートを見せてお金を請求するのが面倒
    ⇒家族カードで支払えば、立替払いをする必要がない
  • 一人暮らしの子どもや留学中の子ども、離れて暮す家族のお金の管理が見えない
    ⇒家族カードを利用することで、支出の確認ができる

キャンペーンに活用する

カード入会後には、各カード会社が行うさまざまなキャンペーンに参加できます。利用金額に応じてプレゼントがもらえるキャンペーンでは、家族カード利用分も集計対象に含まれることが多いので、キャンペーン条件を確認してみるとよいでしょう。対象期間中の利用金額に応じて賞品が豪華になったり、当選確率が上がったりすることも多く、家族でキャンペーンを楽しめます。

家族カードの申込方法

家族カードは、必ず家族会員となる本人が手続きを行ってください。
りそなカードの場合は、会員専用Webサイトから簡単にお手続きできます。

会員専用Webサイトへログイン

本会員が会員専用Webサイトへ事前に登録のうえ、ログインを行います。ログイン後の家族カード申込み手続きは、必ず家族会員となる本人が行ってください。

必要な家族会員の情報

家族会員となる方の情報について入力を求められます。主に、「氏名」「続柄」「生年月日」「暗証番号」の入力が必要です。続柄とは、本会員との関係性を示すものと考えてください。

本人確認資料

家族カードの申込みについては、本人確認資料は不要です。

申込完了後

申込完了後は、本会員宛にメールで通知が届きます。所定の審査を行った後、本会員の登録住所宛にカードが発送されますので、受け取り後はカード裏面に必ず家族会員本人が署名しましょう。署名欄が空欄のままだとお店で利用できない場合があります。

  • 書面での申込みを希望する場合は、カード裏面のインフォメーションセンターへ問合せて資料を請求します。簡単に早く発行したい場合は、会員専用Webサイトからの申込みがオススメです。

まとめ

家族カードは本会員と比べ安い年会費で、同様のサービスを受けられることが多くあります。
また、家族の支出をまとめることができ、家計管理に役立ちます。

共働き、単身赴任、子どもの一人暮らしなど、家庭のかたちはさまざまです。また、キャッシュレス決済の普及により支払手段も多様化しています。しかし、暮らし方や支払いが自由になった反面、家計管理に悩む方も少なくありません。

家族カードなら、家族の支出をまとめることができ、家計管理の効率化に役立ちます。また、家族みんなでポイントをためたり、キャンペーンで賞品をゲットするなど、クレジットカードならではの楽しみを共有することもできるでしょう。

りそなカードの場合、申込みもWeb上でカンタンにできます。家族でそれぞれ1枚ずつ持っておくのはいかがでしょうか。

りそなクレジットカードの
お申込み

【りそなクレジットカード】

既にりそなクレジットカードを
お持ちの方は!

アプリでもっと便利に!

りそなグループアプリ(無料)

Download on the App Store
GET IT ON Google Play
QRコード

目次に戻る

  • Line
  • このページのURLをコピーする

おすすめの記事

あわせて読みたい