スマートフォン用ページはこちら

投資信託のリスクは何があるの?

投資信託のリスクは何があるの?

投資のリスクとは?

一般的にリスクという言葉には、「危険」という意味でよく使われますが、投資の世界では、「損をすることもあるが、儲かることもある」という意味でとらえられます。

投資のリスクとは、「予想どおりにならない可能性」を指し、リスクの大きさとは、値動きの振れ幅をいいます。

リスク・リターンの関係

リスクの種類とは?

投資信託は、値動き(価格変動)のある有価証券などに投資するため、元本や利回りの保証はなく、以下のようなリスクにより、損失を被り、投資元本を割り込むおそれがあります。

価格変動リスク

有価証券の価格が変動し、保有する資産に影響を及ぼすリスクをいいます。
一般的に、国内外の政治・経済情勢、企業の業績などの影響を受けます。

為替変動リスク

円と外国通貨の交換レートは常に変動します。
外国の株式や債券などに投資する投資信託はこの為替変動の影響を受けます。
一般的に円高の場合は基準価額の下落要因となります。

金利変動リスク

金利の変動が、債券の価格に影響を及ぼすリスクをいいます。
一般的に金利が上がった場合、債券の価格は下落し、反対に金利が下がった場合、債券の価格は上昇する傾向があります。

信用リスク

有価証券の発行体(国や企業など)の経済情勢や財政状態に関わるリスクをいいます。例えば、発行体の倒産などの理由により、分配金や償還金があらかじめ決められた条件で支払われないこともあります。

カントリーリスク

投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取引に対して新たな規制が設けられた場合には、ファンド基準価額が予想外に下落したり、方針に沿った運用が困難となることがあります。
投資対象先が新興国市場の場合には、市場規模や証券取引量が小さいことや、法制度や経済基盤等が未発達であることから、欧米等先進国の証券市場に比べカントリーリスクが高くなる傾向があります。

投資信託の種類、投資対象によりその他のリスクがあります。

投資信託の3つのメリット

投資信託のリスクと上手につき合うには?

投資信託のイ・ロ・ハ インデックスページへ

ご注意事項

  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。
  • 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。
  • 投資信託へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3.24%(税込)のお申込手数料(購入時手数料)、純資産総額に対して最大年2.376%(税込)の運用管理費用(信託報酬)(※)、基準価額に対して最大3.0%の信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。手数料等の合計については、保有金額または保有期間等により異なるためあらかじめ記載することができません。
    (※)一部のファンドについては成功報酬が別途かかります。成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。(2018年1月10日現在)
  • 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。また当社を通じてご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託の募集・申込等の取扱いは当社、設定・運用は投資信託委託会社が行います。
  • 商品ごとに手数料等およびリスクは異なります。詳細については、店頭に用意しております最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。なお、「投資信託説明書(交付目論見書)」は当社Webサイトからもダウンロードできます。

商号等:株式会社りそな銀行 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会