スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

【<お知らせ>「振込手数料割引サービス」の不具合解消について】 

投資信託の3つのメリット

投資信託の3つのメリット

少額からはじめられる

株式や債券に投資するには、ある程度まとまった資金が必要ですが、一般的に投資信託は1万円という少額から手軽に始めることができます。

専門家におまかせ

個人が株式や債券などの投資に必要な知識や技術を身につけることは大変ですが、投資信託は投資家(お客さま)に代わって専門家が運用します。

分散投資ができる

投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスクを分散させることです。投資信託はこのような「分散投資(ぶんさんとうし)」の考え方から生まれた金融商品です。

投資信託の種類・タイプを教えて

主な種類のご紹介

主な種類のご紹介

主なタイプのご紹介

投資対象別

国内債券型

主に国内公社債で運用する投資信託です。その対象は国債、地方債、金融債から社債に投資するものまであります。

海外債券型

主に外国公社債で運用する投資信託です。投資対象は世界各国のソブリン債から社債に投資するものまであります。

国内株式型

主に国内株式を中心に分散投資を行います。市場全体に幅広く投資するものから、小型・店頭株中心に投資するものまであります。

海外株式型

主に外国株式を中心に分散投資します。投資対象は世界各国から特定の国・地域の株式に投資するものまであります。

バランス型

株式、公社債、リートなどに分散して運用する投資信託です。

その他

リート(不動産投資信託)等、上記に分類されないファンドです。

その他

ネット専用投資信託

株式、物価、商品市況に連動するインデックスタイプ、指標の数倍の値動きをするブル・ベアタイプ、世界の金鉱株式に投資するタイプなどがあります。

★上記はりそな銀行の分類です。

投資信託とは?

投資信託のリスクは何があるの?

投資信託のイ・ロ・ハ インデックスページへ

ご注意事項

  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。
  • これらの商品へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3.24%(税込)の購入時手数料(お申込手数料)、純資産総額に対して最大年2.376%(税込)の運用管理費用(信託報酬)、信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。(2017年10月2日現在)
  • 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。また当社を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資した資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。
  • クローズド期間が設けられている商品については、クローズド期間中は換金できません。
  • 投資信託の設定・運用は投資信託委託会社が行います。銀行は販売の窓口となり投資信託の募集・申込等のお取扱いをいたします。
  • 商品ごとに手数料等およびリスクなどが異なります。詳細については、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。
    「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」はりそな銀行本支店等にご用意しております。なお、「投資信託説明書(交付目論見書)」は当社Webサイトからもダウンロードできます。

商号等:株式会社りそな銀行 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会