スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

りそなパソコンサービス・VALUX全銀ファイル伝送サービス

EBソフト「りそなイージーバンク」のご案内

りそなパソコンサービス・VALUX全銀ファイル伝送サービス等のご契約をいただいたお客さまには、弊社より専用EBソフト「りそなイージーバンク」を無償貸与いたします。
ご利用ユーザ毎に権限設定ができるユーザ管理機能を保有している他、ダイヤルアップ・VALUX両方の通信に対応することができ、複数銀行とのお取引を一元管理いただくことができます。
また2013年7月のバージョンアップにより外為EB機能を装備しました。詳細はコチラ

画面イメージ

ご利用環境

本ソフトをご利用いただくためには、以下の動作環境が必要となります。

  • Windows10の動作確認が完了し、2016年5月10日より新バージョン(Ver11.0)をリリースします。新バージョンのソフトが必要なお客さまはお取引店に再セットアップをお申しつけください。

【注意】

以下の注意点を必ずご確認ください。

  • Windows 7の場合、Service Pack 1以降の適用が必要です。
OS

日本語 Windows 10/Windows 8.1 32ビット版(x86) または64 ビット版(x64)

  • Windows RT を除く
  • タッチやズーム機能には対応しておりません。

日本語 Windows 7 (Service Pack 1 以降) 32 ビット版(x86) または64ビット版(x64)

  • Starterを除く
  • Windows8はマイクロソフト社によるサポートが終了しているため、対応OSから外しております。
対応機種 以下のプロセッサまたは同等の互換プロセッサで稼働するコンピュータ
Windows 10
 Intel Pentium 4 3GHz 以上(Intel Core 2 Duo 2GHz 以上を推奨)
Windows 8.1/Windows 7
 Intel Pentium III 800 MHz 相当以上(1GHz 相当以上を推奨)
メモリ Windows 10/Windows 8.1/Windows 7
 1GB以上 (推奨:2GB 以上)
必要なソフトウェア

.NET Framework 4.5.2 以降
.NET Framework 4.5.2 以降 Japanese Language Pack

  • 上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、当システムを正常にセットアップできません。
  • 当システムのプログラムCD内に、.NET Framework 4.5.2が収録されています。セットアップされていない場合は、当システムのセットアップ時に自動的にセットアップが開始されます。
周辺機器 本体に接続可能で、ご利用のOSに対応したディスプレイ、プリンタ、マウス、日本語入力システム。ディスプレイの解像度は1024×768以上。プリンタはA4版またはB4版対応ページプリンタを推奨。
ハードディスク

システム(150MB以上)

  • OSがインストールされているドライブのファイルシステムがNTFSのコンピュータで運用していただく必要があります。
  • ファイルシステムがNTFSのドライブにしかインストールすることができません。
  • 圧縮ドライブ(フォルダ)・暗号化フォルダでの運用はできません。
  • 上記の他に、OSの入っているドライブに、50MB以上の空き容量が必要です。

データ(導入編 -6の「データ容量目安表」をご参照ください)

CD-ROMドライブ 1基以上必須(インストール時に必要)
モデム規格
(TA規格)

ダイヤルアップによる通信を行う場合は、ご利用のOSに対応している全二重モデム、または64K同期通信可能TA

  • VALUXによるインターネット通信のみをご利用される場合は必要ありません。
通信回線

ダイヤルアップによる通信を行う場合は、公衆回線またはISDN回線

  • IP電話回線は動作保証しておりません。
インターネット接続
  • VALUXサービス、銀行支店辞書のダウンロードを利用する場合は、インターネットへの接続環境(ダイヤルアップ接続を除く)が必要です。

【VALUXサービスをご利用の場合】

  • (株)NTTデータとのVALUXサービスの契約が必要です。
  • インターネットに接続する際に、Proxy認証による環境も考慮されています。
    動作確認Proxyサーバーは以下のとおりです。
    • Microsoft ISA Server
    • Apache

    上記2種のProxyサーバー以外でも、RFC2616(エラー応答httpステータスコードの規定)およびRFC2617(ベーシック認証、ダイジェスト認証の規定)に準拠したProxyサーバーを原則としてサポートしています。
    動作確認認証方式は以下のとおりです。

    • 基本認証(ベーシック認証)
    • ダイジェスト認証
    • Windows統合認証(NTLM)(RFC規定にはありませんが、動作確認しています。)
  • httpsのポート443、ならびにSSLの通過を許可していないProxyサーバー、及びファイアウォールを伴う環境ではご利用になれません。
  • コンピュータ名に標準文字(“A”~“Z”、“a”~“z”、“0”~“9”、“-”)以外の記号や全角文字が含まれているコンピュータでは運用できません。
  • 一括伝送で送信できるファイルのサイズの上限は、24MBです。

【銀行支店辞書のダウンロードをご利用の場合】

  • Proxy認証による環境に対応していません。
注意事項
  • セットアップはWindowsの管理者(Administrators)グループのメンバで行う必要があります。
  • ローカルのAdministrators グループ、Users グループのユーザーでのみご利用いただくことができます。
  • Windows 10/Windows 8.1 の「Hyper-V」やWindows 7 の「Windows XP モード」などの仮想環境には対応しておりません。
  • 休止モード、スリープモードには対応しておりません。
  • 「ユーザーの簡易切り替え」機能や、Windows 10/Windows 8.1/Windows 7 の「ジャンプリスト」機能を使用して、同一コンピュータ上で当システムを同時起動することはできません。
  • 「リモートデスクトップ」機能には対応しておりません。
  • Windows 10/Windows 8.1 の場合、はじめに当システムを起動したタイミングで、当システム上の入力項目をスムーズに入力できるように、日本語入力システムの入力方式を変更しています。(はじめて当システムを起動したタイミングで、そのコンピュータの設定の「アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを付け、入力する項目によって入力モードが自動的に切り替わるようにしています。)