身に覚えのない引落しがありますが、なぜでしょうか?

以下のようなケースが考えられます。
※第三者の不正利用の懸念がある場合、お客さま側でデビットカードの機能を停止することも可能です

①サービスの年会費や月会費
 ご利用されているサービスの年会費や月会費、携帯電話・公共料金等のお引落しにデビットカードを設定されていないかご確認ください(Amazonプライム会員・Yahoo!プレミアム会員、電気・ガス等)。
 なお、特にお問合せが多いご利用先はAmazonプライム会員の費用です。お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題のサービスや、対象の映画やドラマ、アニメなどが見放題のサービスで、無料体験期間が終わると月間500円(税込) 年間4,900円(税込)の有料会員期間に自動移行されます。(2020年2月現在)
詳細はこちら

②ご利用日とお引落し日の差異
 一部のご利用店舗では、ご利用と同時にお引落しにならず、時間や日にちに差異が生じる場合があります。

③購入した商品をキャンセルした場合
 デビットカードで購入後キャンセルされると一度返金されても、または、返金されるまでに再度引落しされるケースがあります。

④カードの有効性確認のための引落し(100円、200円など)
 一部の加盟店ではカード番号を加盟店サイトに入力すると、カードの有効性(カードが使えるかどうか)を確認するために、100円・200円などのお引落しをする場合がございます。
 加盟店が返金処理を行うと原則即時で返金されますが、加盟店が返金処理を行わない場合は45日後に返金される仕組みになっています。

⑤ご利用店舗とご利用明細表示の差異
 ご利用店舗がアルファベットで表示されたり、運営会社や決済代行会社の名称で表示される場合があります。
 例)BILL ITUNES COM →App StoreやiTunesでのご利用代金

※ご不明な点は、りそなキャッシュレスデスクへご連絡ください。