保険の見直し

本当に必要な保障とは?

「もしも」の時に頼りになる保険。
しかし、ライフステージの変化によって本当に必要な保障は変わってくるものです。多様なニーズに応える保険商品がある中で、
保障内容を考え、組み合わせることで、自分のライフプランにあった備えを充実させることができます。

q

ステージ1:結婚・出産 「家族」が増えると「責任」も増えます。

結婚やお子さまの誕生により生じる新たな責任。病気による長期の入院や、亡くなった時など万一の場合の家族の安心のためにも、
お子さまの将来の教育資金の準備のためにも保険がお役にたちます。

ステージ2:住宅購入 住宅ローン契約時は保障の重複に注意

ライフステージにおいて家計のバランスが変わるこの時期は、保険料の負担も無視できません。
保険料を見直すと同時に、現在加入している生命保険と住宅取得に伴う保障部分で重複しているところがないか、
保障額そのものを見直してみませんか。

ステージ3:お子さま独立 「家族のため」の備えから「自分のため」の備えへ

セカンドライフを支える公的年金。将来の医療費や介護費用の備えに公的年金以外に生涯続くもうひとつの備えが欲しい時期です。
セカンドライフに備えた保険を考えてみませんか。

  • 個別相談では、お客さまのご要望により、ご同意をいただいた上で、保険商品の勧誘を行う場合がございます。
  • 保険商品は預金ではありませんので、りそな銀行による元本保証はございません。また預金保険制度の対象外です。
  • 詳しくは生命保険の販売資格を持った担当者(生命保険募集人)がご説明いたします。

お取扱い保険会社

(2016年4月18日現在)

  • 第一フロンティア生命
  • 三井住友海上あいおい生命保険
  • アフラック
  • T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
  • 三井住友海上プライマリー生命
  • オリックス生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険
  • 明治安田生命
  • クレディ・アグリコル生命
  • 日本生命保険相互会社
  • メットライフ生命
  • プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命
  • ソニーライフ・エイゴン生命
  • AIG富士生命
  • ネオファースト生命

Page top