りそな銀行 埼玉りそな銀行 近畿大阪銀行

りそなファンドラップ RESONA Fund Wrap 大切な資産と末長く、共に歩む

魅力① お客さまのご要望を伺い、最適な資産配分をご案内します。

「りそなファンドラップアンケート」にて、お客さまの資産運用に対するご意向や投資のご経験などにご回答いただきます。
ご回答内容に基づき、お客さまのニーズに即したポートフォリオをご案内いたします。

5種類の運用スタイル(イメージ)2種類の運用コース・スタンダードコース・プレミアムコース + 運用オプション・オルタナティブ投資・新興国投資・ヘッジファンド投資(プレミアムコースのみ)
60種類のポートフォリオの中から、最適な資産配分をご提案
  • 上記の図は、りそなファンドラップの各運用スタイルの想定リスク・期待リターンについて相対的な位置関係を示したものであり、実際のものとは異なります。そのため、将来の運用成果の相対的な位置関係が上記のとおりとなることを示唆・保証するものではありません。

魅力② お客さまに代わって定期的な資産配分比率の見直し等を行います。

資産配分比率の調整(リバランス)

相場の変動などにより組入れている資産が値上がり・値下がりすると、当初の資産配分比率と時価ベースの資産配分比率にずれが生じます。

りそなファンドラップでは、資産配分比率に一定のずれが生じた場合に時価ベースの資産配分比率を当初の配分比率に戻すことで、資産配分を安定的に管理します。

目標資産配分比率の定期的な見直し(リアロケーション)

投資環境や経済環境が変化すると、最適な資産配分比率も変化します。

原則3ヶ月ごとに、目標資産配分比率を見直すことで、環境の変化に機動的に対応します。
また、相場急変時には臨時で見直す場合もあります。

投資対象ファンドの見直し

りそな銀行が投資対象ファンド(ファンドラップ専用投資信託)のモニタリングや、経済環境や運用状況に応じた投資対象ファンドの追加・除外を行い、継続的なパフォーマンスの向上を目指します。
さらにプレミアムコースでは、実質的な投資対象となるアクティブファンド(ファンドラップ専用投資信託の信託財産に組入れるファンド)の運用状況等について、ファンドラップ専用投資信託の運用会社が調査・分析を実施し、見直しや入替えを行います。

魅力③ お客さまごとに定期的に運用報告を行います。

お客さまお一人おひとり専用の運用報告書をお届けします。

四半期(3月、6月、9月、12月末基準)ごとに「運用報告書」を郵送でお届けします。

主な内容

  • ご契約内容と運用状況
  • お預り資産の状況
  • 残高明細表
  • 取引明細表
  • 入出金明細表
  • 投資顧問報酬
四半期に1回のお届け

Webサイトにお客さま専用ページをご用意しております。

個人のお客さまの場合、りそなグループのWebコミュニケーションサービス「マイゲート」をお申込みいただくと、四半期ごとにお届けする「運用報告書」に加え、月次で作成する「運用報告書」や、日々の時価評価額をインターネットの画面上でご確認いただけます。

ご契約内容や時価評価額が確認できます。

りそなファンドラップについてお気軽にご相談ください

ファンドラップについておさらいする
詳しい商品概要を見る

りそなファンドラップに関するご注意事項

①りそなファンドラップにおけるリスクについて

<投資一任契約について>

  • りそなファンドラップでは、りそな銀行がお客さまと締結する投資一任契約に基づき、りそなファンドラップ専用投資信託を対象とした投資運用を行います。投資元本は保証されるものではありません。
  • りそなファンドラップは預金とは異なり、預金保険制度の対象ではありません。また、投資者保護基金の対象でもありません。
  • りそなファンドラップ投資一任契約に基づいてりそな銀行が行った運用の成果は、すべてお客さまに帰属します。
  • りそなファンドラップ投資一任契約にはクーリング・オフ制度は適用されません。

<りそなファンドラップ専用投資信託について>

  • りそなファンドラップの投資対象となるりそなファンドラップ専用投資信託では、値動きのある国内外の有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。

②りそなファンドラップにおける費用について(以下の料率は税込表示です)

りそなファンドラップには、運用資産の時価評価額や運用実績に応じてお客さまに直接ご負担いただく費用と、投資対象であるりそなファンドラップ専用投資信託に投資することにより間接的にご負担いただく費用の2種類があります。なお、この2種類の費用の合計額および上限額は、資産配分比率や投資信託の保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示することはできません。

<直接的にご負担いただく費用(りそなファンドラップに係る投資顧問報酬)>

  • りそなファンドラップに係る投資顧問報酬には、固定報酬型と成功報酬併用型の2つの報酬タイプがあります。
  • 固定報酬型では、運用資産の時価評価額に上限年率1.2960%を乗じた額、成功報酬併用型では、運用資産の時価評価額に上限年率1.1880%を乗じた額(固定報酬)および運用成果の額に10.8%を乗じた額(成功報酬)の合計額をお支払いいただきます。

<間接的にご負担いただく費用(りそなファンドラップに組入れる投資信託に係る費用)>

  • スタンダードコースについては、りそなファンドラップ専用投資信託について年率0.27%~0.648%の信託報酬が当該投資信託の信託財産の中から差し引かれます。プレミアムコースについては、りそなファンドラップ専用投資信託およびその投資対象となる他の投資信託について合計で年率0.324%~1.6345%(この値は概算であり、運用状況等によって変動することがあります。)の信託報酬が投資信託の信託財産の中から差し引かれます。
  • その他、りそなファンドラップ専用投資信託およびその投資対象となる他の投資信託の監査報酬、有価証券等の売買に係る手数料、資産を外国で保管する場合の費用等が発生しますが、これらについては運用状況等により変動するため、事前に料率等を示すことができません。
  • 詳しくはりそな銀行、埼玉りそな銀行または近畿大阪銀行の店頭に用意しております各専用投資信託の最新の交付目論見書および目論見書補完書面をご確認ください。

③その他のご留意事項について

  • 埼玉りそな銀行または近畿大阪銀行のお客さまに対しては、埼玉りそな銀行または近畿大阪銀行がりそな銀行の代理人としてお客さまとりそなファンドラップ投資一任契約を締結します。
  • お客さまにりそなファンドラップ投資一任契約をご契約いただく際は、あらかじめお客さまの投資の目的、リスクについてのお考え等をお伺いいたします。りそなファンドラップ投資一任契約がお客さまの投資目的等に合わない場合は、りそなファンドラップ投資一任契約の締結をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。また、りそなファンドラップ投資一任契約をご契約いただくか否かが、りそな銀行、埼玉りそな銀行または近畿大阪銀行との他のお取引に影響を及ぼすことは一切ありません。
  • りそなファンドラップ投資一任契約のご契約の際には、最新の契約締結前交付書面を事前にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。

商号等:株式会社りそな銀行(登録金融機関 近畿財務局長(登金)第3号)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

商号等:株式会社埼玉りそな銀行(登録金融機関 関東財務局長(登金)第593号)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

商号等:株式会社近畿大阪銀行(登録金融機関 近畿財務局長(登金)第7号)
加入協会:日本証券業協会