想いをつなぐ、未来を形に Next Action りそなグループ
りそなグループ

世界が力を合わせれば、世界はもっと良くなるはず みらいE-us(イーアス)プロジェクト

資産運用で未来を創る選択。
資産運用を通じて、未来への思いを繋げていきませんか?

運用を通じて、社会が抱える様々な課題の解決と同時に、次の世代に教育の機会を提供する取り組みが、始まります。何か少しでも、できることから、よりよい明日にしていきたい。
それが「みらいE-usプロジェクト」です。

みらいE-usプロジェクトとは?

環境・資源・格差・健康・教育・差別・・・
今、私たちがいる社会では様々な問題を抱えています。
10年後、20年後、30年後に、どんな未来や社会であってほしいかを想像してみて下さい。

例えば、
・人生100年時代を健康で生きる未来
・すべての人が(子供から大人まで)教育を受けられる未来
・安全かつ十分な水や食料のある未来

そんな未来を創るのは今いる私たちそして子供たちです。

みらいE-usプロジェクトは、SDGsに関連するファンドへの投資を通じて、お客さまが期待する未来の実現に貢献すると同時に、頂いた収益の一部を寄付することにより、未来を創る子供の教育機会を支援する取り組みです。
運用に関係する全ての人達と一緒に、よりよい明日を目指します。

ポイント
1

SDGsが掲げるいずれかの課題解決を目指すファンドの中から、ご自身の関心が深い分野に投資いただくことで、10年、20年先の理想の未来づくりにつながります。

資産運用を通じて、関連する企業、
産業分野への発展に貢献

イメージする理想の未来

※上記はイメージです。

SDGsファンドとはみらいE-usプロジェクトが掲げる想いと同じく、
SDGsの目標に貢献する投資方針のファンドを当社が選定しています。

ポイント
2

日本の子供の2人に1人が大学に進学する状況の中、学ぶ意欲が高いにも関わらず、経済的理由で進学を諦めてしまう子供たちが今も多くいます。置かれた経済状況に左右されることなく、学ぶ意欲のある子供たちが能力を発揮できるようサポートします。

次世代の教育への貢献

※上記はイメージです。

SDGsに関連する投資信託における委託会社・販売会社の収益の一部を「公益財団法人りそな未来財団」と「公益財団法人みなと銀行育英会」に寄付します。財団が高校生・大学生に奨学金等を給付することで、学ぶ意欲がありながらも、経済的課題を抱えている学生への支援を拡充することができます。

対象ファンドのご紹介

みらいE-usプロジェクトが掲げる想いと同じく、SDGsの目標に貢献する投資方針のファンドを選定しています。

  • (愛称)
    みらいEarth

    クリーンテック株式&グリーンボンド・ファンド(資産成長型/予想分配金提示型)

    運用会社

    大和証券投資信託委託

    期待する未来

    環境

    100年後も安心して
    暮らせる環境のある未来

    商品概要

    世界のクリーンテック関連企業*1の株式(約50%)およびグリーンボンド*2(約50%)に投資。

    *1地球温暖化対策、環境汚染防止等、環境分野で優れた技術を有する企業。
    *2グリーンプロジェクト向けの資金調達を目的として発行された公社債。

  • (愛称)
    みらいエデュケーション

    アムンディ・次世代教育関連ファンド

    運用会社

    アムンディ・ジャパン

    期待する未来

    教育

    みんな(子供~大人)が
    教育を受けられる未来

    商品概要

    主に世界の教育関連事業を行う企業*の株式へ投資。

    *教育エコシステムの発展で成長が期待される3つの投資テーマ(教育プロバイダー、教育ツール、教育サービス)に関連する企業群から、ESGに関するアムンディおよび外部評価機関による評価が低い企業を除外。

  • (愛称)
    みらいメディカル

    アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(年2回決算型)

    運用会社

    アムンディ・ジャパン

    期待する未来

    健康・福祉

    人生100年時代を
    健康に生きる未来

    商品概要

    テクノロジーの進化をもとに発展する今後の医療革新に注目し、主に先進国の医療テクノロジー関連企業*の株式に投資。

    *医療機器・診療器具・医療サービス関連企業等

  • (愛称)
    ニホンノミライ

    りそな日本中小型株式ファンド

    運用会社

    りそなアセットマネジメント

    期待する未来

    経済成長 事業支援

    社会的な課題が改善され、
    企業も社会も
    持続的に成長していく未来

    商品概要

    国内の中小型株式に投資。
    社会の構造変化に伴い生じる「社会的な課題」の解決にビジネスの観点から取り組み、持続的かつ安定的に成長することが期待できる銘柄に投資。

✱なお、商品の取扱状況は銀行ごとに異なります。
✱大和証券投資信託委託株式会社は、2020年4月1日付で、商号を「大和アセットマネジメント株式会社」に変更します。

対象期間 2019年10月1日(火)~2020年12月30日(水)
初回給付 2020年4月予定

寄付先について

りそなグループは、SDGsファンドを通じて得られた収益の一部より「りそな未来財団」と「みなと銀行育英会」の2財団へ寄付を致します。寄付金は、2財団より次世代を担う子供たちへの奨学金等に充てられます。

公益財団法人りそな未来財団
詳細はこちら
公益財団法人りそな未来財団は、りそなグループの公的資金完済を機に、改めて社会の皆さまに感謝の気持ちをお示ししたいと、2015年11月に同グループによって設立されました。学ぶ意欲のある子供たちが、置かれた経済状況に左右されることなく能力を発揮できるよう、次世代を担う高校生に奨学金の給付をしています。
りそな未来奨学金

対 象

財団が対象とする高等学校に在学するひとり親世帯または両親のいない世帯の生徒で、学業・人物ともに優秀であって学費の支弁が困難と認められる生徒。

給付額

月額15,000円(年額18万円)

奨学金の給付

2019年5月より第4期生46名に給付開始。
延べ180名に合計5,500万円超の奨学金を給付しました。

公益財団法人みなと銀行育英会

公益財団法人みなと銀行育英会は、兵庫県における教育の振興及び社会有用の人材を育成することを目的に、1963年2月に設立されました。
兵庫県の大学に通学されている学生で、経済的理由により、就学が困難な方に支援を行っています。

共同実施企業からのメッセージ

  • アムンディ

    アムンディは国連が支持する責任投資原則に策定当初から署名し、運用を通して社会の持続的発展に貢献する責任投資のパイオニアです。「あなたの投資が世界のみらいを変えていく」。皆さまと共に、投資を通じ、これまでの経済的リターンの追及のみならず、より良い社会の実現に貢献すべく、アムンディは「みらいE-us プロジェクト」に参画いたします。

  • 大和投資信託

    弊社は国連責任投資原則の署名機関として、中長期的な企業価値向上を目指したESG投資への取り組みを推進しています。日本初のESG指数に連動するETFの上場やサステナブルテーマ型ファンドの運用など、持続可能な社会の実現をめざし投資機会も積極的に提供しております。投資を通じ、私たちと共に豊かな“みらい”を築いて参りましょう。

  • りそなアセットマネジメント

    投資は、利益を得るための手段だけでなく、社会や環境に大きな影響を与える手段でもあります。弊社はりそなグループの一員として、投資を通じ、中長期視点から企業の価値向上や持続的成長を促す取り組みを行なってまいりました。本プロジェクトや弊社ファンドを通じ、投資には「社会をより良くしていく力」があることを実感していただければ幸いです。

「2030年SDGs達成に向けたコミットメント」との関わり
(Resona Sustainability Challenge2030)

本プロジェクトは、りそなグループが掲げる以下のコミットメントと関連するプロジェクトです。

テーマ 少子高齢化委に起因する将来不安の解消
コミットメント 2-1

金融コンサルティング、金融経済教育等の金融リテラシー向上の取り組みを通じて、将来に向けた資産の形成、承継をサポートし、生涯にわたる生活の質の向上に貢献します。

その他、りそなグループでは、様々なコミットメントを掲げています。

みらいE-usプロジェクトに関するご注意事項

  • 寄付は販売会社、委託会社が対象期間中に得る収益から実施いたします。 本プロジェクトによって対象商品の商品ごとに定められた手数料は変わりません。
  • 対象ファンドの取扱時期はグループ銀行によって異なります。詳しくは各社ホームページをご参照ください。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は預金でなく、預金保険の対象ではありません。値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況等の変化を原因として損失が生じ、元本を割込むおそれがあります。
  • ご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うこととなります。
  • 投資信託の募集・申込等の取扱いは当社、設定・運用は投資信託委託会社が行います。
  • 商品ごとに手数料等およびリスクは異なります。詳細については、店頭に用意しております最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご覧ください
  • 投資信託へのご投資では、商品ごとに定められた手数料等(お申込金額に対して最大3.85%(税込)のお申込手数料(購入時手数料)、純資産総額に対して最大年2.420% (税込)の運用管理費用(信託報酬)(※)、基準価額に対して最大3.0%の信託財産留保額、その他運用に係る費用等の合計)をご負担いただきます。手数料等の合計については、保有金額または保有期間等により異なるためあらかじめ記載することができません。(※)一部のファンドについては成功報酬が別途かかります。成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。(2020年1月20日現在)
  • 株式会社りそな銀行 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第3号
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • 株式会社埼玉りそな銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第593号
  • 加入協会 : 日本証券業協会、 一般社団法人金融先物取引業協会
  • 株式会社関西みらい銀行 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第7号
  • 加入協会 : 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
  • 株式会社みなと銀行 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第22号
  • 加入協会 : 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

持続可能な開発目標(SDGsとは?)

2001 年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」にて記載された2016 年から2030 年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17 のゴール・169 のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

りそなグループは、2030 年のSDGs 達成に向け、金融サービスの提供を通じた活力あふれる地域社会を実現していくためのコミットメント(約束)として、「2030 年SDGs達成に向けたコミットメント(Resona Sustainability Challenge 2030)」を定めています。りそなグループ一丸となって、コミットメントに取り組むことにより、環境・社会課題の解決と持続的成長の両立を引き続き目指してまいります。

テーマ SDGs コミットメント
地域 地域経済の活性化
17の目標全て
  • 1-1

    環境・社会課題をテーマとした建設的な対話等により、お客さまとともに持続可能な社会の実現を目指します。

  • 1-2

    企業のスタートアップ支援や成長支援、社会インフラの効率運営のサポート等を通じて、地域経済の活性化、暮らしやすい街づくりに貢献します。

  • 1-3

    誰もがいつでもどこでも簡単に利用できる、先進的な金融サービスの提供を通じて、社会や暮らしの利便性向上に貢献します。

少子高齢化 少子高齢化に起因する
将来不安の解消
  • 2-1

    金融コンサルティング、金融経済教育等の金融リテラシー向上の取り組みを通じて、将来に向けた資産の形成、承継をサポートし、生涯にわたる生活の質の向上に貢献します。

環境 地球温暖化、
気候変動への対応
  • 3-1

    再生可能エネルギーの利用促進、温室効果ガス排出量の削減等、社会全体の環境負荷低減に積極的に取り組み、低炭素・循環型社会の実現を目指します。

人権 ダイバーシティ&インクルージョン
  • 4-1

    人権や多様性を尊重し、誰もが仕事も生活も充実させ自分らしく活躍できる社会づくりに貢献します。

インターネットバンキング
にログインする

ご利用(予定)の銀行をお選びください

  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行

相談できる店舗を探す

ご利用(予定)の銀行をお選びください

  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行

Webで来店予約

ご利用(予定)の銀行をお選びください

  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

✱みなと銀行では、webでの来店予約は承っておりません。