(投資信託)解約と買取の違いを教えてください。

投資信託の換金方法の違いです。
・解約(解約請求)お客さま(受益者)が当社(販売会社)へ信託財産の一部解約を請求する方法です。
・買取(買取請求)受益者(お客さま)が当社(販売会社)に対して受益権の買取を請求する方法です。
平成21年1月から個人のお客さまの解約と買取の税務上の違いがなくなりました。国内公募株式投信を解約請求あるいは買取請求により換金した場合、お客さま(受益者)の解約/買取の約定金額と取得価額との差額は、譲渡所得として区分されます。確定申告は原則必要ですが、特定口座の源泉徴収「あり」を選択している場合は、確定申告不要です。 解約/買取によって発生する損失および利益は、他の国内公募株式投資信託や上場株式等の損益との損益通算が可能です。