スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

遺言の方式とポイント

遺言書は相続時のトラブルを防ぐために大きな効力をもつため、内容に不明確な点があると問題が起こりかねません。
そのため民法では遺言の種類に応じてそれぞれの方式を厳格に定めていて、この方式に従わない遺言書は無効となってしまいます。

遺言書の種類としては、普通方式として

  1. (1)自筆証書遺言
  2. (2)公正証書遺言
  3. (3)秘密証書遺言

の3つがありますが、自筆証書遺言か公正証書遺言を用いるのが一般的です。このうち、公正証書遺言は法律の専門家である公証人が作成するため、一般に最も安全・確実な遺言の方式として、利用される方が増えています。

自筆証書遺言とは?
公正証書遺言とは?

「遺言信託のご案内」トップへ