スマートフォン用ページはこちら

自筆証書遺言とは

「自筆証書遺言」は、遺言を残す方が自筆で作成するもので、もっとも簡単な方式です。書式は縦書きでも横書きでもかまいません。用紙も自由です。しかし、法律上有効な遺言は民法で厳格に定められているので、十分に理解した上で遺言書を作成することが大切です。

◆自筆証書遺言の作成

  1. 1)遺言の全文、作成した日付、氏名をすべて自筆で書き、押印します。
  2. 2)内容の訂正も、一定の方式により変更場所に押印、その指示を付記し署名します。

【自筆証書遺言の留意点】

  • いつでも自由に作成できる、内容を誰にも知られずに済む、簡単に書き直しができる、などの利点がありますが、方式の不備や内容に不明確な箇所があれば、遺言が無効になったり相続時にトラブルのもとになる恐れがあります。
  • また、作成が手軽な反面、偽造・変造・隠匿・破棄される可能性があり、保管場所に注意が必要です。
  • 遺言者が死亡し、遺言書を見つけたときは遅滞なく家庭裁判所に検認※の申し立てをしなければなりません。
  • 遺言に封印がしてあるときは、家庭裁判所で相続人立会いのもとで開封します。勝手に開いてはいけません。
  • 検認手続きについて
    検認とは、家庭裁判所が遺言書の形式その他の状態を調査確認し、その偽造・変造を防止し、保存を確実にする目的で行う一種の証拠保全手続きです。公正証書以外の方式によって作成された遺言書は、すべて検認手続きを受ける必要があります。

「遺言の方式とポイント」トップへ戻る

「公正証書遺言」はこちら

「遺言信託のご案内」トップへ