スマートフォン用ページはこちら

このような場合にはぜひ遺言を

Case2 法定相続分と異なる配分を考えている

◇企業オーナーの方、農業を営んでいる方

法定相続分に応じて財産を分割される場合、事業用財産や自社の株式を分割したり、農地を細分化するなど、事業の維持・継続が困難や不可能になるケースがあります。遺言に分割割合を明記することで防ぐことができます。

◇主な財産が自宅である方

配偶者に、いまお住まいの土地・建物を残したいとお考えの場合でも、法定相続割合によってその建物を分割しなければならないケースがでてきます。土地・建物については配偶者に相続させるとの遺言があれば優先されます。

◇障がいをもつ子どもがいる方

将来を考えて、お子さまに法定相続分よりも少しでも多くの財産を残してあげたいとお考えの場合は、遺言によってお子さまに多く遺産を相続させることができます。

「このような場合はぜひ遺言を」のトップへ戻る

「遺言信託のご案内」トップへ