スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

教育資金を準備する

お子さまの将来について考えてみませんか?

子どもが独立するまでの教育費ってどれぐらいかかるのでしょうか? 不足する教育資金をサポートするサービスがあったら知りたいです。

子どもが独立するまでの教育費は、どれぐらいかかるのでしょうか。お子さまの未来の安心のためにも、教育とお金について考えておきましょう。

教育とお金にまつわる基礎知識

幼稚園から大学卒業までにかかる教育費は?

幼稚園から大学卒業まで、全て国公立でも約1,000万円の教育費が必要なようです。

幼稚園 国公立63.5万円 私立149.3万円 小学校 国公立192.4万円 私立921.5万円 中学校 国公立144.5万円 私立401.7万円 高校(全日制) 国公立122.7万円 私立297.4万円 大学 国公立457.5万円 私立746.8万円 合計 国公立980.6万円 私立2,516.7万円

幼稚園から大学卒業までの教育費総額:約1,000万円~2,500万円

出典 : 文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」および日本政策金融行公庫「教育費負担の実態調査平成27年度」をもとにりそな銀行にて算出

  • 教育資金の定義:学校教育費・学校給食費・学校外活動費(学習塾や通信教育などの「補助活動費」および、けいこごとやスポーツ教室などに要した「その他の学校外活動費」)

教育資金の準備開始時期は?

大学卒業までを考えると高額になる教育費。多くの人はお子さまが誕生した時から教育資金の準備を始めているようです。

知っておくと得する情報 ~家計の見直し~

将来の出費に備えるための貯蓄をふやす方法には、収入を増やすことと、もうひとつ「節約」があります。
支出の中で大きな割合を占めているのが、住宅費と保険料です。

収入と支出、貯蓄の関係

  • 住宅費の支出を見直すには・・・例えば現在利用している住宅ローン金利を見直す
  • 保険料を見直すには・・・例えば、現在加入している保険を必要保障額にあった保険に見直す

将来に備えるお金のことについて一緒に考えてみませんか?

お子さまの将来の教育資金形成のために適した備え方について、疑問点がございましたら、ぜひお気軽にりそな銀行にご相談ください。

セミナー・相談会

りそな銀行でのセミナー・相談会を都道府県別にご案内します。資産運用に関するセミナー・相談会、休日実施しているセミナー・相談会もございます。

店舗でご相談

まずはお気軽にお客さまのお悩みをお聞かせください。小さなことでも、短時間でも丁寧に対応致します。

りそな銀行では、お忙しいお客さまでもお越しいただけるよう、年中無休営業の店舗も備えております。
店舗でもお客さまにスムーズにご相談いただける取り組みをしておりますのでどうぞお気軽にお越しくださいませ。

窓口は平日午後5時まで
年中無休営業の店舗も拡大中

りそなの窓口は他の銀行よりも少し長く、平日午後5時まで開いてます。
年中無休営業の「セブンデイズプラザ」も出店拡大中で、ますますりそなが身近になります。

落ち着いた場所でじっくりご相談
 

ご相談のお客さまのためにコミュニケーションブースを設けております。
プライベートな内容でも、落ち着いてじっくりご相談いただけます。