スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

従業員持株会支援信託(ESOP)

  • 企業の従業員持株会と信託を組み合わせたスキームです。
  • 従業員持株会が将来にわたり購入する株式を、従業員持株会に代わりESOP信託が一括して取得します(株式取得資金は、信託が金融機関から借入れます)。
  • ESOP信託で取得した株式は、従業員持株会へ定期的に売却します。
従業員持株会支援信託(ESOP)

[信託の設定]株を一括して購入

  1. お客さまとりそな銀行との間で信託契約を締結。
  2. ESOP信託が株式を購入するための資金として、金融機関より借入。お客さまより借入に対し保証差入れ。
  3. ESOP信託が株式市場またはお客さまより株式を購入。

[信託期間中]持株会が株式を信託より定期購入

  1. 従業員は持株会拠出金を毎月従業員持株会に拠出。
  2. 従業員持株会は一定期間にわたり、ESOP信託より株式を購入。
  3. ESOP信託は、株式売却代金を原資として、金融機関に借入を返済。
  4. 従業員代表等の信託管理人が、議決権行使を指図。

[信託の終了]

  1. 株価上昇等により、ESOP信託に株式が残っている場合は、換金して持株会に拠出していた従業員に分配。
  2. 株価下落等により、ESOP信託に借入が残っている場合は、②の保証に基づいて金融機関に弁済。
メリット 人事制度の充実を図ることができます 従業員のモチベーションアップが期待できます。 自己株式(金庫株)の有効活用や株式持合解消時の受け皿としてご利用いただけます。

ご注意いただきたいこと(必ずご覧ください)

従業員持株会支援型信託(ESOP)については、以下の内容を十分にお読みください。

リスク

  • 信託財産に責任財産を限定した借入金により、価格変動のある有価証券(お客さまの自己株式)を取得し、当該有価証券の売却代金により借入金の返済を行うほか、信託財産に属する金銭を貸付金として貸付けるなど運用しますので、これらの発行体や、貸出先・運用先の信用状況、業務、財産状況の変化や株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動などを要因として、損失を被り、信託元本を割り込むおそれがあります。
  • 信託における借入金の適用金利が変動金利である場合、金利水準の変動により借入金の適用金利が変動し、借入金利息額が増加する場合があります。この場合、損失を被り、信託元本を割り込むおそれがあります。
  • 従業員持株会の加入者数、拠出金額等に変動があり、当初想定したキャッシュフローと異なるものとなる場合があります。この場合、損失を被り、信託元本を割り込むおそれがあります。

お客さまにご負担いただく費用

項 目 内 容
信託報酬
(信託財産の運用・管理にかかる費用)
信託設定時と信託期間中および信託終了時の信託報酬をお客さま(委託者)にご負担いただきます。信託報酬額は、お客さまと協議のうえ、信託財産額、契約条件等に応じて個別に決定します。
信託事務の処理に要する手数料等 有価証券売買委託手数料、株式分割手数料、外国証券の取得管理費用、有価証券保管手数料その他費用が発生しますが、これらは信託財産の運用状況、保管状況等により異なるため、事前に料率、上限額またはその計算方法の概要等を記載することができません。

その他の留意点

  • 持株会加入者が株式を持株会から引出し売却した時点で市場流通株式が増加します。
  • 株価が下落した場合、企業は信託に対する債務保証を履行していただくことになります。
  • 信託期間はお客さまとの協議により個別に決定します。
  • 原則として信託期間中の解約はできません。やむを得ない事由による信託期間満了日前の解約の場合には、解約に伴う手数料等をお支払いいただく場合があります。
  • 信託の目的達成または信託事務の遂行が著しく困難になった場合には、お客さまへの通知により、信託契約は終了します。