スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

デジタル通貨に関する実証実験の実施について

2017年12月7日

株式会社 りそな銀行

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)は、ギフティ(社長 太田 睦)、バズポート(社長 江藤 誠晃)とともに、2018年2月より日本を代表する酒造メーカーが集積する兵庫県の灘五郷にてデジタル通貨を活用した次世代型観光ソリューション「旅するフクブクロ」の実証実験を行います。

「旅するフクブクロ」は、地域の物産購入や観光体験をパッケージにした"福袋"をインターネットやSNSを通じて紹介し、現地での決済方法としてデジタル通貨を活用します。デジタル通貨の活用により決済を簡単・便利にして「キャッシュレス観光」を実現する新たな試みです。

今回の実証実験を踏まえ、各地の行政機関、金融機関、観光DMO※との連携を広げ、また航空・鉄道会社等との協力関係を築き、キャッシュレス観光の具現化を目指すことで地方の観光活性化を応援してまいります。

  • 当該地域の観光資源に精通し、地域と共同して観光地域作りを行う法人等。

「旅するフクブクロ」実証実験の流れ

  1. (1)専用デジタル通貨をモニターに配布
    「旅するフクブクロ」で使用する専用デジタル通貨「旅福通貨」を事前にスマートフォンで配布。配布された通貨は、専用の電子ウォレットのページに保存されます。
  2. (2)加盟店が趣向を凝らした「フクブクロ」を吟味
    名だたる日本酒の蔵元が並ぶ灘五郷を散策。加盟店では、お酒や化粧品などの物産購入や博物館などの観光メニューがお得に体験できる「フクブクロ」が購入できます。
  3. (3)「旅福通貨」で決済を完了
    フクブクロを購入するには「旅福通貨」を使用。加盟店に設置されているデジタルスタンプを押してもらうことで簡単に決済が完了します。

(デジタルスタンプの決済方法)

【実証実験の概要】

実施時期 2018年2月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)の5日間
実施場所

「灘五郷」(兵庫県神戸市~西宮市に広がる酒造メーカーの集積エリア)

実証実験加盟店

甘辛の関寿庵(オーゼキ・エフ・アンド・シー株式会社)
菊正宗酒造記念館(菊正宗酒造株式会社)
神戸酒心館(株式会社神戸酒心館)
灘浜福鶴蔵(株式会社小山本家酒造)
沢の鶴資料館 (沢の鶴株式会社)
誠味本店( 株式会社誠味)
甲南漬本舗本店 (高嶋酒類食品株式会社)
白鹿クラシックス (辰馬本家酒造株式会社)
日本盛 酒蔵本通り煉瓦館 (日本盛株式会社)
白鷹禄水苑 (白鷹株式会社)
(運営会社名 五十音順)

実験内容

実証実験特設サイトを通して募集した100組200名の一般モニターに対して各組20,000円のデジタル通貨を配布。モニターは上記の店舗及び飲食店での消費行動を通じて「キャッシュレス観光」の利便性等を体験いただきます。

<モニター募集について>
募集人数:100組200名
募集期間:2017年12月11日(月)~12月26日(火)

後援

神戸市
一般財団法人 神戸国際観光コンベンション協会
西宮観光協会

協力

全日本空輸株式会社
スカイマーク株式会社

特別協力

株式会社みなと銀行

参加企業の概要

<株式会社ギフティ>
所在地:東京都品川区東五反田5-10-25 斎征池田山5F
代表者:代表取締役 太田 睦
事業内容:デジタルギフト、デジタル通貨の技術を活用したインターネットサービス事業
本実験の役割:電子地域通貨システム「Welcome!STAMP(ウェルカム スタンプ)」を提供

<株式会社BUZZPORT>
所在地:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F Creative Lounge MOV内
代表者:代表取締役 江藤 誠晃
事業内容:旅行会社や行政機関を対象とした観光に関するマーケティング事業
本実験の役割:プラットフォームとなるWEBサイトの構築・運営

PDF版をダウンロードする