スマートフォン用ページはこちら

金融機関コード 0010

文字サイズ

「内外為替一元化コンソーシアム」における実証実験実施のお知らせ

2017年3月2日

株式会社 りそな銀行

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)は、「内外為替一元化コンソーシアム」(以下、本コンソーシアム)※1において、会長行(会長 りそな銀行 常務執行役員 中尾 安志/オムニチャネル戦略部担当)を務めています。

今般、ブロックチェーン等の新技術を活用することで内国為替と外国為替を一元化した24時間リアルタイムでの送金インフラ構築を目指す本コンソーシアムにおいて、決済プラットフォームに関する実証実験を実施したことをお知らせいたします。

参加金融機関47行と実用化に向けて多面的な検討を実施します

本コンソーシアムでは、今後のビジネス活用を見据え、参加金融機関による商品・サービスのあり方、法的課題等に関し多面的な検討を行っております。今般の実証実験を踏まえ、サービス化に向けて具体的な議論と検討を開始いたします。

お客さまの利便性を追求した新しいサービスの提供を目指します

りそなグループでは、グループ間24時間365日振込可能なサービスや24時間対応のテレフォンバンキング及び365日年中無休のセブンデイズプラザを提供しておりますが、今後も本コンソーシアムでの取組みを通し、従来の全銀システムでの国内送金やSWIFTによる海外送金で対応しきれない新たなサービスの提供を目指してまいります。

  • ※1ブロックチェーン(分散台帳技術)等の新技術を活用することで内国為替と外国為替を一元化した24時間リアルタイムでの送金インフラ構築を目指し、2016年10月に42行で発足しました。また、参加金融機関数は2017年2月末に47行となりました。
PDF版をダウンロードする